東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
ハイビジョンテレビの新製品発売について

1997年9月3日

通常のテレビ放送をちらつきが少ない高画質の映像で再現する
「デジタル・プログレッシブ方式」を採用

 当社は、通常のテレビ放送(NTSC方式)の映像を従来の2倍の525本の走査線数で表示するとともに、 あわせて新開発のデジタルLSIを搭載することにより、 走査線が目立たず、ちらつき(フリッカー)の少ない高画質な映像を再現できる「デジタル・プログレッシブ方式」を採用したハイビジョンテレビ「32HD7XD」を、 10月16日から発売します。

 新製品は、通常のテレビ放送を高画質にするほか、 「第4世代MUSEデコーダー」を搭載することでハイビジョン映像をより鮮明に再現するのに加え、 「色差入力端子」の搭載によりDVD映像をより忠実に表現するなど、すべてのメディアを高画質で再現できます。 また、新たに、人の声の明瞭度や定位感を改善するセンタースピーカーを加えるとともに、 音源はそのままで左右の音の広がり感や奥行感が増すスペシャライザー(R)回路を搭載するなど、 リアルな臨場感を再現する「3Dバズーカ」を採用しています。

 加えて、従来、上位機種に搭載していた2画面分割の「ダブルウインドウ」やハイビジョンの高画質映像を再現できる「HDスーパーブライトロン管」を採用するとともに、 双方向テレビ放送「IT(アイティー)ビジョン」にも対応しています。

 なお、普及タイプのハイビジョンテレビ「28HD70」を11月16日から発売します。


新製品の概要
商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
お問い合わせ先


注1:スペシャライザー(R)はデスパープロダクトインコーポレーションからの実施権に基づいて製造されています。
注2:本資料に記載されている会社名、商品名などはそれぞれ各社が商標として使用している場合があります。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright