東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
オゾン層を破壊しない新冷媒「HFC407C」を採用したビル用マルチエアコンの発売について

1997年9月11日

 当社は、現在エアコンに幅広く使用されている冷媒「HCFC22」の代替冷媒として、 オゾン層を破壊する塩素原子を全く含まない「HFC407C」を採用したビル用マルチエアコン「新冷媒 ワイドマルチシリーズ」を商品化し、 本日から営業活動を開始します。出荷は98年3月からの予定です。

 今回新たに採用したオゾン破壊係数がゼロの新冷媒「HFC407C」は、 沸点が異なる3種類の冷媒の混合物なので各冷媒が均一に混ざっていないとエアコンの冷暖房能力が低下する問題がありました。 しかし当社は熱交換機や圧縮機の改良などにより、冷暖房能力を低下させることなく、 オゾン層を破壊しない冷媒を採用したエアコンの商品化を実現しました。

 当社は「HFC407C」を採用したパッケージエアコンを順次商品化し、 2003年までに全機種を新冷媒使用のものに切り換えていきます。


新製品の代表システム
商品化の背景と狙い
新製品の特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright