東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
空気清浄ルームエアコン「大清快(だいせいかい)」の発売について

1997年9月24日

電気式の「空気清浄機能」と「光再生脱臭機能」の両方を
業界で初めて採用することで、
ちりや臭いを取り除き、部屋の「空質」を向上

東芝エアコン 大清快 RAS-285BDR

 当社は、従来機種*1に比べ約10倍の集塵性能*2を有する電気式「空気清浄機能」と、 脱臭性能を従来機種*1に比べ約2.5倍に向上した「光再生脱臭機能」の両方を業界で初めて採用することで、 ちりや花粉、たばこの臭いなどを取り除き、 「空質」*3を向上させることができる空気清浄ルームエアコン「大清快」シリーズ「RAS−285BDR」など2機種を、 11月1日より発売します。

 新製品は、電流波形の振幅と幅の両方を最適に制御(PAM*4とPWM*5の両方式による制御)した当社独自の「ハイブリッドインバーター」の採用などにより、 2.8kWクラスで従来機種*1に比べ年間電気代を約13%削減し、 業界で最も安い24,700円*6を実現しています。

 新製品に採用した電気式「空気清浄機能」は、 家庭用の専用空気清浄機で採用されている本格的なもので、 ちりや花粉を強制的に帯電させ集塵することで、従来の静電式に比べ、約10倍の集塵性能を有しています。 また、エアコンとの併用運転と単独運転の使い分けができます。
 さらに、新たに採用した「光再生脱臭機能」は、 従来の活性炭脱臭に比べフィルターの面積を増やしたことで、 脱臭性能を2.5倍に高めるとともに、フィルターを取り外して日光(紫外線)に当てることにより脱臭性能を再生できるため、 効率的な脱臭効果を持続できます。

 加えて、「ハイブリッドインバーター」の採用により、 外気温が低い時(2℃)にも業界トップクラスの最大5.1kW*7の暖房能力を発揮することができ、 エアコンのみの暖房で充分な暖かさを得られます。

 なお、「ハイブリッドインバーター」を採用することで、 業界最高の省エネを実現した「RAS−285BD」など3機種も同時に発売します。

*1:RAS−285SD
*2:(社)日本電機工業会規格の条件による。
*3:温度、湿度、粉塵、臭いなど空気の様々な要素を考慮した「空気の質」のこと。従来のエアコンの主たる機能だった冷房、暖房、除湿による部屋の空気調節機能に加え、空気清浄機能や脱臭機能を強化することにより「空質」を最適な状態に近づけることができる。
*4:パルス振幅波形変調(Pulse Amplitude Modulation)
*5:パルス幅波形変調(Pulse Width Modulation)
*6:(社)日本冷凍空調工業会の条件による。
*7:JIS条件による運転スタート時の能力。


新製品の概要
製品化の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright