東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
全自動風呂給湯電気温水器の新製品発売について

1997年10月1日

業界最小のコンパクトサイズを実現

 当社は、「全自動風呂給湯電気温水器(注1)」の新製品として、 業界最小のコンパクトサイズを実現するとともに、 業界で初めて気泡を含んだ給湯を可能にする専用の「気泡ユニット」(別売)を本体内部に後から取り付けられる構造にした「HPL−TFB370RA」など2機種を商品化し、 11月1日から発売します。

 新製品は、本体内部のポンプの小型化を実現するとともに内部の配管の最適設計を図るなどにより、 本体容積を従来機種に比べて約2割小型化し、370リットルクラスおよび460リットルクラスにおいて業界最小のコンパクトサイズを実現しました。
 また、血行をよくし、体を芯から暖める作用のある気泡を含んだ給湯を可能にする専用の「気泡ユニット」を、 業界で初めて本体内に後から取り付けることができる構造を採用しました。

 さらに、リモコン部の表示文字を大きくし、 バックライト付き液晶表示を今回新たに採用するなど、 従来機種に比べ、操作性の向上を図っています。

(注1)「全自動風呂給湯電気温水器」:あらかじめ設定した温度と量のお湯を家庭の浴槽に自動的に湯はりするとともに、 湯はりしたお湯の保温や、足し湯も自動的に行う機能のついた電気式の給湯器です。


新製品の主な概要
商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
新商品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright