東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
「読めるPHS電話機」の発売について

1997年10月20日

電子メールを送受信できる端末として業界最小・最軽量

 当社は、パソコン通信サービス(NIFTY SERVEとBIGLOBE) に接続して電子メールを送受信できるPHS電話機として業界最小・最軽量を実現するとともに、 留守録機能や、バイブレータ着信、300件の電話帳など、 PHS電話機としての機能も充実している新製品「MC−01」を11月25日から発売します。

 新製品は、PCカードやパソコンなどを接続することなく、 パソコン通信サービスのNIFTY SERVEとBIGLOBEに簡単に接続して、 電子メールの送受信やパソコン通信のデータベースにアクセスできます。

 「MC−01」は、32KbpsのPHS標準高速データ通信「PIAFS方式」注1と「無線モデム」注2に対応しています。
 さらに、DDIポケット電話グループの「α−PHS」注3の規格に準拠し、 異なるメーカーの端末同士でもトランシーバー機能が使えるほか、 DDIポケット電話グループ独自の付加サービスにも対応しています。

注1:「PIAFS(PHS Internet Access Forum Standard)方式」はPHSを使用した32Kbpsのデータ通信ができる業界標準規格です。
注2:「無線モデム」は、DDIポケット電話グループ独自のデータ通信サービスです。
注3:「α−PHS」は、DDIポケット電話グループとメーカー各社が共同開発した高性能PHSの規格です。
  


新製品の概要
開発の背景と狙い
新製品の主な特長
MC−01機能一覧
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright