東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
パソコン一体型で操作が容易なDVDオーサリングシステムの来春発売について

1997年11月11日

同システムを導入したDVDソフト制作トレーニングルームを1月に開設

 当社は、DVD−VideoおよびDVD−ROMソフト制作システムとして、 ワンタッチ操作やアイコン操作などの容易な操作に加え、 エンコーディングからライティングまでDVDソフト制作環境を1台のパソコン上に実装し、 システム全体の低価格化を実現したパソコン一体型のDVDオーサリングシステムを来年4月から発売します。

DVDオーサリングシステム:映画などアナログの高画質ビデオテープを、デジタル変換してDVD用に編集・加工するためのシステム

 また、本システムを導入した「DVDソフト制作トレーニングルーム」を98年1月に開設し、 DVDオーサリング技術の幅広い普及をおこないます。

 当社は業界のリーダーとして従来よりDVDオーサリングシステムの開発・供給を主に映画産業向けにおこなってきました。 今回、本システムをビデオプロダクション向けに販売し業務用ビデオのDVD化を促進すると同時にDVDソフト制作者の育成を図ることによりDVD市場の拡大を図るものです。

 現在市場で提供されているDVDオーサリングシステムの多くは、 システム全体が複雑かつ高価になってしまう、 工程ごとに異なった環境で制作されているために、作業の習熟が困難である上、 個々の工程のインターフェースを調節する必要があるなどの問題点がありました。

 このシステムは、オーサリングソフトウエアとして (1)映像・音楽情報を効率よく圧縮処理するエンコーダ (2)情報を編集するエディタ (3)エディタで生成したデータを検証するエミュレータ (4)映像・音楽・文字情報からDVDの方式に適したデータを生成するフォーマッタ (5)DVDディスクにデータを書き込むライタを備えており、 DVDソフト制作の全工程を1台のWindows NT対応パソコン上に実現しています。
 さらに、パソコン一体型なので操作環境がシステム全体で統一されている上、アイコンで操作ができる操作環境やワンタッチでDVDソフトの制作が行える機能が提供されており、 誰でも容易にオーサリング作業を行うことが可能です。
 また、当社の有する最先端のDVD開発技術とノウハウを活用することにより、 パソコン本体、専用ハードウエア、入出力機器、オーサリングソフト、OSなどDVDソフトの制作に必要な全ての機能を含みながらも、 映画業界などの大量制作のニーズに応じた高価なシステムに比べて、 約10分の1(当社比)の約800万円という低価格を実現することができました。

 本システムは、11月12日から14日まで幕張メッセで開催される「国際放送機器展」に出展されます。

 なお、当社はDVDオーサリング技術の幅広い普及によりDVDソフト制作事業への新規参入の促進を図るため、 本システムを複数セット備えた「DVDソフト制作トレーニングルーム」を98年1月に臨海副都心のテレコムセンター内のマルチメディア事業推進室に開設します。

 従来のDVDオーサリングシステムは高価であったために、 多くの方々に使用していただくことが困難でした。 当社は今回のシステムの開発を契機に、 当社の専門トレーナーによるDVDソフト制作のための研修やDVDソフトの自主制作のための利用など一般に幅広く開放することのできるトレーニングルームを開設し、 ビデオプロダクション関係者など多数の参加により、DVD−Videoソフト及びDVD−ROMソフトの一層の普及を図るものです。

システムの概要

  • OS WindowsNT4.0
  • 本体 サーバ/PCの2タイプ
  • 内蔵専用ハード
    DVDエンコーダ
    DVDデコーダ
    各種ビデオ入力
    機器コントローラ
  • 入出力機器
    ビデオ入力 D1シリアル、Sビデオ、コンポーネントコンポジット
    オーディオ入力 ディジタルオーディオ(AES/EBU)、アナログ・ステレオ
    出力 DLT、DVD−R
  • オーサリングソフト一式
    DVDエンコード、DVDエディット、DVDフォーマッタ、DVDエミュレータ、DVDライター

    お問い合わせ先
       
    お客様からの商品に対する
    お問い合わせ先
    マルチメディア事業推進室03(5500)1048


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright