東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
業界最高クラスの41万画素CCDを採用した電子スコープの新製品発売について

1997年11月13日

株式会社 東芝
東芝メディカル株式会社

 当社は、業界最高クラスの41万画素の高解像度CCD(電荷結合素子)を採用することにより、 消化管の内壁の微小構造まで鮮明に観察できる電子スコープ2機種(上部消化管用/下部消化管用)を開発し、 営業活動を開始します。

 上部消化管用スコープは、小形CCDの採用により、 先端部外径を10.8mmに抑えるとともに、 上部消化管治療の際に使われる鉗子チャンネルは内径2.8mmを確保しており、 体内挿入性の容易さと鉗子チャンネルの操作性の向上を図り、 患者負担の一層の軽減を図っています。 また、スコープ先端部に2灯式のライトガイド(照明)を採用しており、 影の出にくい明るい観察が可能です。
 新製品の販売は東芝メディカル株式会社が担当します。
 新製品の価格は、上部消化管用電子スコープ、TGI−3680Dが280万円、 下部消化管用電子スコープ、TCE−3680MTが300万円で1年間に合わせて300台の販売を計画しています。


商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright