東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
米スペース・システムズ・ロラール社と太陽電池パネルの長期納入契約を締結

1997年11月17日

 当社は、米スペース・システムズ・ロラール(SS/L)社(社長:ロバート・E・バレー/所在地:カリフォルニア州・パロアルト) と人工衛星用太陽電池パネルを今後3年以上の長期にわたり継続的に製造・納入する契約を締結しました。
 今年度分として、10KW級の米国CD-Radio社のデジタル音声放送用衛星(99年打上予定) 3機分の太陽電池パネルを製造し、来年7月からSS/L社に納入を開始します。 以後も順次、同社に大型・大電力用パネルを納入していく予定です。
 今回の契約により、当社は今後3年間で、20億円以上の売上を見込んでいます。
 当社は、近年、宇宙ビジネスにおける海外メーカとの協力関係の強化ならびに商用分野への積極的な事業展開を進めてきており、 今回の契約締結はその成果の一つとなります。

 今回の契約は、当社が1982年以来、 国内外で手がけている10を超える衛星の太陽電池パネル(パドル)の製造・飛翔実績が評価されたものです。 また、SS/L社には、本契約以前にも商業衛星「N−STAR−b」(同:1996)、 「MABUHAY(AGILA2)」(同:97/8)、「APSTAR−IIR」(同:97/10)などの太陽電池パネルを納入しています。

 今後、当社は、商用衛星分野への積極的な対応をはかるため、小向工場・宇宙棟(神奈川県・川崎市)の太陽電池パネル製造ラインの増設など、 総額十数億円規模の設備投資をおこない、衛星の低コスト化につとめ、量産受注に対応していく予定です。 2000年には、商用衛星分野で約100億円の売上を計画しています。

お問い合わせ先
   
お客様からの
お問い合わせ先
宇宙開発事業部03(3457)3077


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright