東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
3合炊きタイプIH保温釜の発売について

1997年12月24日

熱封じ炊きでさらにおいしくご飯が炊けるIH保温釜

 当社は、厚くて丸い独自の「鍛造厚釜」に、 断熱性に優れた中空ガラスビーズをコーティングすることで、 IHの高熱を内釜の中に封じ込めて炊きムラを抑え理想的な炊飯*1ができる小世帯向け3合炊きタイプのIH保温釜 「3合熱封じ炊き RCK−B5X」を3月1日から発売します。

 新製品は、中空ガラスビーズの採用により、内釜からの放熱を抑え、 保温時の消費電力量を従来機種に比べて10%低減*2しています。

 また、発熱する電子部品をファンを使わずに自然対流で冷却する新冷却構造を採り入れており、 IH保温釜としては、業界最小のコンパクトサイズを実現しています。

 なお、マイコン制御タイプの保温釜「鍛造厚釜3合 RCK−B5M」を2月1日から発売します。

*1炊飯時の釜の中の温度が60℃をこえてから3〜7分で沸騰し、 かつ98℃以上を20分以上保持する
*2従来機種RCK−A5Xと比較し、 最大容量3合を12時間保温した場合


新製品の概要
商品化の背景とねらい
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright