東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
クリーナー新製品の発売について

1998年1月22日

壁際のゴミまでかき出す小型・軽量「くるぴたヘッド」を採用

 当社は、クリーナーのヘッド部に新開発の小型・軽量の「くるぴたヘッド」 を採用することにより壁際のゴミまで掻き出すことのできるクリーナー「VC−F6E」など3機種を2月1日から発売します。

 従来のクリーナーのヘッド部分では、ゴミを掻き出す回転ブレードにファンやモーターから回転を伝えていました。 新開発の「くるぴたヘッド」は、ヘッド前面から吸い込んだ風を回転ブレードに直接当て回転させる新方式を採用することで、 ファンやモーターなどの機構部を不要にしました。 この結果、ヘッド全幅250mmに対し回転ブレードの幅を235mmまで広げることができ、94%(当社従来機種VC−D5H:80%) という業界最大の実効効率(ヘッド全幅に対する回転ブレード幅の割合)を実現しました。 さらに、ヘッドを小型化するとともに縦横回転式としては業界最軽量の330g(従来比26%減)を実現しています。


新製品の概要
商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright