東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
フロッピーディスク装置とCD-ROMドライブを内蔵したオールインワンノートパソコン「DynaBook Satellite(サテライト)300/310」の発売について

1998年2月2日

 当社は、フロッピーディスク装置と最大16倍速CD−ROMドライブを本体に同時内蔵し、 高速CPU「MMX(R) Pentium(R)プロセッサ(166MHz/200MHz)」、 SVGA(800X600ドット)対応の大画面12.1型カラー液晶(TFT/DSTN)、 2.1GBハードディスク装置などを搭載したオールインワンノートパソコン「DynaBook Satellite(サテライト)300(305*1)/310」 の2機種5モデルを本日より発売します。

 新製品の「DynaBook Satellite(サテライト)300(305)/310」は、 フロッピーディスク装置、CD−ROMドライブ、PCカードスロットを本体右側に集め、 操作性の向上とA4サイズの省スペース化を実現しています。
 また、同クラスのCPUを搭載したノートパソコンとして最高水準の仕様を備え、 コストパフォーマンスに優れており、企業のネットワークシステムへの大量導入などに最適です。

 さらに、次世代OSである「Windows(R)98」に対応*2するとともに、 マイクロソフト社・インテル社・東芝が策定した次世代の省電力技術ACPI(Advanced Configuration and Power Interface) など「PC98システムデザイン」*3の一部を先取りしています。

 なお、当社企業向けデスクトップパソコン「Equium」シリーズのオプションとして、 デジタル方式の大画面15型TFTカラー液晶ディスプレイ「15型フラットパネルディスプレイセット」も併せて発売します。

*1「DynaBook Satellite305」は、個人、 SOHO向けに「Microsoft(R)Word97」「Microsoft(R)Excel97」 「Microsoft(R)Outlook(TM)97」 「駅すぱあと」「筆ぐるめ」などをプレインストールした「DynaBook Satellite300」 のアプリケーション搭載モデルです。
*2「Windows(R)98」の一部の機能については、 ご利用になれない場合があります。
*3「PC98システムデザイン」: PC98 System Design Guide, Version 1.0, September 5, (C)1997 Microsoft Corporation and Intel Corporation. All rights reserved.


新製品の概要
新製品の主な特長
お問い合わせ先

なお、新製品情報は当社のPCホームページ
「PC STARS」(http://www2.toshiba.co.jp/pc/)でも提供します。



プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright