東芝トップページ お問い合わせ
戻る  発表月別  テーマ別
新商品の主な特長

  1. 従来比*1約78%に設置スペースを削減(VD-M6Sのみ)
     当社従来機種と比べて*1横幅を104mm、 奥行きを17mm小さくしているので設置スペースを当社従来機種*1の約78%に削減しています。

  2. 本体内を清潔に保つことができるステンレスを採用
     汚れの気になるシンク(底板)、食器カゴ、 はし立てに18−8ステンレス*2を採用しているため、水切れが良くなり、 残水に発生するカビやぬめりを抑えることができるとともに、汚れも拭き取りやすく、 本体内を清潔に保つことができます。*3
    *2 一般にキッチン関連機器に良く使用されるもので、クロム18%、ニッケル8%を含んだステンレス鋼のこと。 耐蝕性に優れてている。
    *3「VD−M8F」は食器カゴとはし立てのみ、 「VD−M3F」は食器カゴのみ

  3. マイコンパネルの採用(VD−M7Sのみ)
     マイコンパネルの採用により「あたため」など3種類の乾燥コースの選択がワンタッチで可能です。 またパネルはフラットなデザインのため、拭き取りなどの手入れが簡単です。

  4. 約90℃の吹き出し温度を実現(VD−M6S、VD−M7Sのみ)
     約90℃の吹き出し温度により、素早い食器の乾燥を実現しています。

  5. 抗菌加工採用(VD−M6S、VD−M7S、VD−M3Fのみ)
     カゴ取っ手、水受けカップ、はし立てなど樹脂部分に抗菌加工を採用しており、 ぬめりや黒ずみの原因となるカビや雑菌の繁殖を抑えることで清潔さを保つことができます。*4
    *4はし立ての抗菌加工はVD−M3Fのみ

  6. まな板乾燥機能(VD−M7S、 VD−M8Fのみ)
     まな板を手軽に乾燥できます。*5
    *5乾燥できるまな板の大きさはVD−M7Sが42X25X3cm、 VD−M8Fは43X25X3cm。

  7. ワイドオープン蓋を採用(VD−M6S、 VD−M7Sのみ)
     本体上部の蓋を大きく開口できるので、 まな板や大皿など大きな物の出し入れが手軽にできます。*6
    *6(まな板はVD−M7Sのみ)


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright