東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
「スマート・コマース・ジャパン(SCJ)」神戸でのリアル・モール実験、好評に推移

1998年3月25日

IC型クレジットおよび電子マネー「ビザ・キャッシュ」、
引き続き利用環境を保持

スマート・コマース・ジャパン事務局
株式会社東芝
ビザ・インターナショナル

「スマート・コマース・ジャパン(SCJ)」(主幹事会社:東芝、ビザ・インターナショナル)は、 1997年10月1日より神戸で実施している、 IC型クレジットカードを使用したリアル・モール実験において、開始後5ヶ月間(1998年2月末現在)の利用状況をまとめました。 また当実験は今後、本年3月末までは通産省の電子商取引推進事業の一環として進めることになりますが、 4月1日以降も端末を撤去することなく、継続してICカードを利用できる環境を保持する予定です。

IC型クレジットカードは24,468枚が既にモニターにわたっています。 利用状況については、電子マネー「ビザ・キャッシュ」のリロード(再補充)が6,331件68,036,909円、 「ビザ・キャッシュ」を利用した買い物は22,587件41,995,620円にのぼっています。 また、IC型クレジットについては、5,804件48,099,324円の利用がありました。

電子マネー「ビザ・キャッシュ」のリロード平均は、1回につき10,747円で、 買い物は1回1,859円、これに対しIC型クレジットでの買い物については平均1回8,287円と、 高額の決済は従来通りクレジットで、小口に関しては「ビザ・キャッシュ」で、 という用途に合わせた使い分けが安定して見られます。 また、その利用単価が低額な「ビザ・キャッシュ」の利用総額がIC型クレジットを上回り、 カード利用における新しい市場が定着しつつあります。

様々な決済シーンにIC型クレジットカードが登場することにより、 小銭の携帯やつり銭の煩わしさから開放される「ビザ・キャッシュ」での支払いや、 暗証番号の入力によるサインレスのクレジット決済が、 カード利用者と取扱店舗双方に対する利便性、取扱い時間の短縮、 安全性の確保などのメリットを活かし、さらに日常生活に浸透していくことでしょう。

スマート・コマース・ジャパン(SCJ)は、 日本市場における新しい時代に即した電子商取引技術の育成を目的に、 1996年2月に設立され、現在32社が参加しているコンソーシアムです。 近年、コンピュータ技術の革新や、 インターネットをはじめとする通信ネットワークの普及にはめざましいものがあります。 このため、世界各国でインターネットを利用した電子商取引(エレクトロニック・コマース)の実験や電子マネー実験が進められています。 これらの取り組みでは特に、 消費者が安心して簡単に使えるような決済機能が求められています。

SCJでは、通産省の電子商取引推進事業の一環として、 世界で初めてリアル・モール(実店舗)とバーチャル・モール(ネットワーク上の仮想店舗)の双方で利用可能なEMV仕様のICカードを発行、 今回の実証実験を通じて最先端技術を駆使した近未来のペイメント・サービスを提案しています。 また、世界各地で実施が予定されている同様の実験と相互に連絡を取り合い、 SETを始めとする国際標準となりうるサービスの開発を目指しています。

リアル・モール実験は、 EMV仕様のIC型クレジットカードにクレジット機能と電子マネー「ビザ・キャッシュ」 機能の双方を搭載したカードを世界で初めて発行したもので、神戸市内で展開されています。 実験エリアは、中央区三宮とハーバーランド地区、実験店舗はダイエーグループのスーパー、 コンビニエンスストア、ホテルなどに加え、一般店舗、市内の大学などで、加盟店端末は650台、 リロード端末は銀行、スーパーなどに24台を設置しています。

また、バーチャル・モール実験においては、毎日新聞社が電子新聞のサイトを開設し、 SCJ参加企業の従業員を対象に行っていた電子マネー「ビザ・キャッシュ」 をインターネット上で利用する実験は本年3月30日、 阪急東宝グループが運営するインターネット上のショッピングモール「Click & Shop」 でIC型クレジットおよびSETを利用する実験は、本年4月30日をもって終了することが決定しています。

なお、SCJ実験に関してはSCJホームページ(http://www.scj.or.jp)をご覧ください。

この件に関するお問い合わせ
スマート・コマース・ジャパン事務局  Tel:03−5251−0690


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright