東芝トップページ お問い合わせ
戻る  発表月別  テーマ別
開発の背景と狙い

 現在、産業用モータは、 ポンプなどの高速回転が要求されるものからファンやコンベアなど低速運転を必要とするものまで、 用途によって回転速度は大きく違います。
 産業用モータの主流である三相かご形誘導モータの最高回転速度は50ヘルツ地域で毎分約3,000回転、 60ヘルツ地域で毎分約3,600回転で、機械ごとに要求される速度に調整するためには機械式変速装置やインバータなどの別装置が必要でした。 これらの方法では、微調整が難しく、また、装置の設置スペースの問題がありました。

 当社は、このようなニーズに対応するため、 モータのロータ部に磁力の強い永久磁石の採用やインバータの一体化などによって、 毎分7,200回転までの高速回転と速度の微調整が可能であるとともに、 高効率で小形化・軽量化を実現したモータを製品化するものです。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright