東芝トップページ お問い合わせ
戻る  発表月別  テーマ別
商品化の背景と狙い

 1998年度のカラーテレビ市場は前年度並みの1,000万台規模と見込まれています。 中でも、大形テレビを中心とした買い換え需要や、 多チャンネル化の加速、ハイビジョン放送の放送時間延長などにより、 ワイドテレビは約300万台の市場規模が予想されています。
 また、DVD市場の本格的な立ち上がりや将来のデジタル放送時代に対応し、 テレビには更なる高画質・高機能が求められており、 色々な機能を簡単な操作で楽しむことができるテレビが求められています。
 新製品は、このようなニーズに対応して商品化したもので、 36形のハイコントラスト管に「デジタルプログレッシブ方式」 などを採用することにより高品質な映像を実現しています。 また、リモコンのキー数を減らすとともに、 画面上の機能アイコンによりテレビやビデオの各種設定操作を簡単に行うことができるなど操作性の向上を図っています。
 当社は、テレビの商品開発の基本コンセプトを「人にやさしい」とし、 21世紀のテレビとは「人にとってのテレビ・生活の中のテレビ」 という広い視野の中での新しい商品価値を重視すべきであると考えています。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright