東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
超薄形2.5型磁気ディスク装置の商品化について

1998年6月4日

6.35mm厚の世界最薄形を加え、
2.5型磁気ディスク装置のラインアップ充実

 当社は、ノートパソコン用の2.5型薄形磁気ディスク装置の新製品として、 世界で最も薄いフォームファクターである6.35mm厚で記憶容量2.1ギガバイトの「MK2109MAF」と、 8.45mm厚で記憶容量4.3ギガバイトの「MK4309MAT」の2機種を商品化し、 98年6月中旬より出荷します。

 新製品では、2.5型磁気ディスク一枚当たりの記憶容量を業界最大クラスの2.1ギガバイトまで高めるとともに、 最新のデータ転送方式である Ultra DMA Mode - 2 を採用し、 毎秒33.3MBの高速データ転送を可能にしています。

 世界最薄形、最軽量の6.35mm厚「MK2109MAF」と8.45mm厚「MK4309MAT」が加わることで、 ノートパソコン市場からの薄形化、軽量化の要求に応えるとともに、 当社の2.5型薄形磁気ディスク装置のラインアップが充実します。


新製品の概要
開発の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright