東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
蒸気タービン翼製造合弁会社の設立について

1998年6月29日

株式会社 東芝
ゼネラル・エレクトリック社

 株式会社東芝と米国・ゼネラル・エレクトリック社(GE社)は、共同出資により、 電力用蒸気タービン翼の製造を行う合弁会社を日本およびメキシコに設立することで合意し、 合弁契約に調印いたしました。

 東芝とGE社は、世界規模で市場環境が厳しさを増している火力事業分野において、 製造コストの低減による競争力強化を図るため、 相互の資源を共有するとともに効率的な生産体制の構築をめざして蒸気タービン翼の製造合弁会社を設立するものです。 新会社は2社とも今月、設立しました。

 新会社2社は、東芝およびGE社からの技術移転に基づき、 最新の製造技術を取り入れた工場を日本およびメキシコに建設し、 当社とGE社が受注した世界各地の火力発電所向け蒸気タービン翼の製造を行います。
 日本合弁会社は東芝京浜事業所内(横浜市)に、 メキシコ合弁会社はメキシコ・モンテレー市に立地を予定しており、 日本合弁会社が長翼を、メキシコ合弁会社が中短翼を製造します。

 コンバインド・サイクル発電プラントをはじめとする火力発電プラントは、 蒸気タービンや発電機、ボイラなどで構成されていますが、今回、 新会社2社で製造する蒸気タービン翼は、 発電設備の性能や品質を決定づけるキーコンポーネントであり、 長翼は低圧タービン、 中短翼は高圧および中圧タービンなどに組み込むものです。
 新会社2社の業務量は、 世界規模での電力需要の伸びにともなう火力発電プラントの市場拡大とともに増大していくものと見込まれます。

 東芝とGE社は、 従来からガスタービンの技術開発やマーケティングなどに関する提携や電力用タービンの補修会社の共同設立など、 電力事業分野で幅広い協力関係にあります。

 東芝とGE社は、新会社2社の設立によって、 蒸気タービン翼製造工場を共有することになりますが、技術開発や設計業務、 営業活動などは引き続きそれぞれ独自で行います。

新会社の概要

日本合弁会社
社  名東芝ジーイータービンコンポーネンツ株式会社
設  立1998年6月
所 在 地横浜市鶴見区末広町(東芝京浜事業所内)
代 表 者渡部 和男
操業開始1999年4月(予定)

メキシコ合弁会社
社  名ジーイー東芝タービンコンポーネンツメキシコ社
GE Toshiba Turbine Components de Mexico S.R.L de C.V)
設  立1998年6月
所 在 地メキシコ・モンテレー市
代 表 者ハーベイ ウィリアムズ
操業開始1999年4月(予定)


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright