東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
ディスクアレイ装置「ArrayFort」のラインナップの拡充について

1998年7月2日

信頼性に優れたエントリーモデルを投入し、小規模ディスクアレイ市場にも対応

 当社は、独自に開発したハードウェアRAID*1によるディスクアレイ装置「ArrayFortシリーズ」の新製品として、 信頼性に優れたエントリーモデル「AF500」を商品化し、 本日から営業活動を開始します。

 新製品は、低価格でありながら電源、ファンの二重化を図るとともに、 オンライン交換(ホットスワップ)が可能であるなど、 「ArrayFortシリーズ」の共通コンセプトである「システムのデータを確実に守る"データの砦(Fort)"」 を継承した信頼性の高いディスクアレイ装置です。

 また、新製品は、8.6GB(4.3GBX2台)〜54.6GB(9.1GBX6台)までシステムに応じた柔軟な容量を選択でき、 小規模グループサーバなどのシステムで使用されるディスクアレイ装置として導入し易いコンパクトな構成になっており、 拡張ディスク装置として、安価な設備投資で確実にデータを守る信頼性の高いハードウェアRAIDです。

 「AF500」は、当社製PCサーバ「MAGNIAシリーズ」、 UNIXサーバ「UXシリーズ」および他社サーバとの接続が可能であり、 既に出荷している「AF1000」とあわせてラインナップを拡充するものです。 また、今後の展開として上位のモデルを98年度中に商品化し、 ディスクアレイ装置事業の拡大を図っていきます。 「ArrayFortシリーズ」全体で、今後3年間で150億円の売上を目指します。

*1Redundant Arrays of Independent Disks の略。
複数のディスクを冗長構成で使用することで、 信頼性と高速性を実現する技術。


新商品の概要
商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


  • UNIXはX/Openカンパニーリミテッドがライセンスしている米国並びに他の国における登録商標です。
  • WindowsNTは米国Microsoft Incorporationの米国およびその他の国における登録商標です。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright