東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
高感度受信が可能なPHS電話機の新製品の発売について

1998年7月6日

独自方式の伸縮アンテナで従来比約2倍の感度を実現

 当社は、独自方式による高感度伸縮アンテナと「ベストコネクトボタン」 の採用により高感度受信を実現したPHS電話機「POWER Carrots DL−S28P」を7月24日から発売します。

 新製品は、高感度伸縮アンテナを採用し、 さらにアンテナ取り付けに角度をつけることにより、 当社従来比約2倍の感度を実現しました。
 また、電波が弱くて待受け中や通話中の状態が悪い時に、 ボタン操作一つでレベルの高い基地局を選択して接続する「ベストコネクトボタン」を搭載し、 よりつながりやすく、安定した通話を可能としました。
 さらに、基地局が混んでいたり、相手が話中のため、 接続できない時に同ボタンを押すと、自動で3秒ごとに3回までリダイヤルします。

 新製品は電話機を持たずに話ができるハンズフリー機能や、 電話帳の名前や機能設定項目を漢字で表示させることにより、 使い勝手も大幅に向上しています。

 新製品は、DDIポケット電話グループの「α−PHS」*1の規格に準拠し、 異なるメーカーの端末同士でもトランシーバー機能が使えるなど互換性に優れているほか、 DDIポケット電話グループ独自の付加サービスに対応します。
 さらに、DDIポケット電話グループが提供する「PIAFS方式」*2と「α−DATA」*3の両方に対応した「α−DATA32」*4に対応し、 PCカード、パソコンと接続することにより、高速データ通信が可能です。
*1:「α−PHS」は、DDIポケット電話グループとメーカー各社が共同開発した高性能PHSの規格です。
*2:「PIAFS(PHS Internet Access Forum Standard)方式」 はPHSを使用した32Kbpsのデータ通信ができる業界標準規格です。
*3:「α−DATA」はDDIポケット電話グループが提供する、 14.4Kbps無線モデム通信、14.4Kbps無線FAX通信、 32Kbps無線インターネット通信が可能です。
*4:「α−DATA32」はDDIポケット電話グループが提供する「α−DATA」と「PIAFS方式」に対応しています。


新製品の概要
商品化の背景とねらい
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright