東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
高精細な166万画素CCDエリアイメージセンサの発売について

1998年7月23日

 当社は、画素サイズを4.85マイクロメートル角に微細化することによって、 2分の1インチサイズで166万画素を実現したデジタルスチルカメラ用CCD(電荷結合素子)エリアイメージセンサ「TCD5603D」を商品化し、 本日からサンプル出荷を開始します。

 新製品は、正方格子画素としているため、デジタル画像処理に適しているとともに、 RGB原色フィルタの採用によって、色再現性が優れています。

 新製品は、来月から月産3万セット規模で量産を開始する予定です。


新製品の主な概要
開発の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright