東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
静音レベルをさらに向上させた「DDインバーター洗濯機」の新製品の発売について

1998年7月28日

衣類にあわせて最適な水流・脱水を採用した専用コースを搭載

 当社は、洗い時の水はねや内蓋をなくすことで洗い時34dB、 脱水時43dBと業界トップの静音化を実現*1するとともに、 DD(ダイレクトドライブ)インバーターモーターの高い回転力と回転数制御により、 Yシャツやドライマーク衣類などを傷めずにしっかり洗える専用コースを搭載した全自動洗濯機「AW−C70VP」など4機種を9月1日より順次発売します。

 新製品は、DDインバーターモーターの高い回転力と回転数制御により、 人の手で洗う方式と同じ4種類の洗い方を実現しています。 Yシャツ、ブラウスなどはもみ洗いの「Yシャツコース」、 セーター類は「押し洗いコース」、 ドライマーク衣類などは振り洗いの「新ドライコース」と衣類の種類別に専用コースを設けています。 また、最も使用頻度の高い「標準コース」の洗濯では、水流を改良することで、 洗浄能力を従来比で約10%向上させながらも、 布の傷みを約2割抑え、布からみも約1割低減しています*2

 さらに、従来7.0kgと8.0kgの2タイプのみだった容量サイズを、 今回4.5kgから8.5kgまでの4タイプにまでラインアップを拡げることで、 さまざまな家族構成にあわせたタイプの洗濯機を選ぶことができます。

 また、静音化を図った洗濯機で先行する当社は、生産数、ラインアップの拡充を図るために、 総額約5億円のDDインバーターモーター生産設備への投資を行い、 DDインバーター洗濯機の構成比率を50%以上にまで伸ばしていきます。

*1洗い時 従来38dB→34dB、脱水時 従来45dB→43dB
(「すやすやコース」での脱水時では、従来40dB→38dB)
*2当社97年度発売機種AW−B70VP及びAW−B80VPを標準コースで洗った場合との比較


新製品の主な概要
商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


補足説明資料


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright