東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
石油ハイブリッドエアコンの新製品の発売について

1998年7月31日

業界初の石油と電気の自動切換運転で、
暖房能力の向上と暖房費の低減を実現

 当社は、寒冷地向けのエアコンとして、 外気温度や暖房負荷に応じて石油冷媒加熱と電気ヒートポンプの2つの暖房方式を自動的に切り換える業界初のハイブリッド運転を採用することで、 暖房時の立ち上がり時間の短縮や室内の設定温度にあわせたきめ細かい温度制御を可能にするとともに、 暖房費の低減を実現することのできる石油ハイブリッドエアコン*1「RAK−405D1」を商品化し、 9月中旬から発売します。

 新製品は、石油冷媒加熱方式の採用により、 真冬の外気温がマイナス20℃に達するような寒冷地でも充分な暖房能力を発揮させることができます。 また、暖房運転の開始時には石油冷媒加熱暖房による運転を行ない、 室内温度が設定温度に近づくと電気ヒートポンプ暖房での運転へと自動的に切り換えます。 これにより、暖房運転時の立ち上がり時間を従来比で約40%*2短縮化するとともに、 石油冷媒加熱暖房による専用運転時に比べて室内の温度変動を抑えた快適暖房を行うことができます。

 さらに、ハイブリッド運転は、石油冷媒加熱暖房のみで運転した場合に比べ約16%、 電気ヒ−トポンプ暖房のみで運転した場合に比べ約20%の暖房費の低減*3を図ることが可能です。

*1「石油ハイブリッドエアコン」は当社の愛称です。 ハイブリッドは混合、混成の意味です。
石油冷媒加熱暖房は、室外ユニットのバーナーで石油を燃焼させて冷媒を加熱する冷媒加熱方式を採用し、 寒い冬でも外気温に関係なくスピーディな立上がりとパワフルな暖房能力を発揮します。 また、電気ヒ−トポンプ暖房は能力可変範囲が広くきめ細かな室温調節ができ、 エネルギー効率の良い方式です。
*2外気温−5℃ 和室12畳 室温23℃設定での暖房立上がり時間(当社RAS−406SDと比較)
*3室温23℃設定で朝6時から夜12時までの外気温変動パターンをもとにした当社独自の試算による。 (灯油50円 /L、電気代23円/Wとして計算)


新製品の概要
製品化の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright