東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
EC市場をターゲットにしたWebサーバ関連ソフトの共同開発と事業展開について

1998年9月16日

株式会社 東芝
NTTソフトウェア株式会社

 株式会社東芝とNTTソフトウェア株式会社は、 NTTソフトウェアが提供する、 データベースとの連携機能を付加したWebサーバ「WebBASE(ウェブベース)」*1と東芝のPCサーバ、 UNIXサーバやクラスタソフト「DNCWARE(ディーエヌシーウェア)」*2などお互いの製品を組み合わせて相互に販売、 サポートすることに合意し、事業展開を開始します。

 また、今後、「WebBASE」に東芝のクラスタ技術とトランザクション処理ソフト「ATPS(エーティーピーエス)」*3を付加した、 リアルタイムかつピーク処理にも対応できる信頼性の高い製品を共同開発します。 両社は、処理が集中しやすいエレクトロニック・コマース(EC)市場向けなど高い信頼性が要求される分野に対して、 機能強化版の「WebBASE」を共同で提案していきます。

 インターネットの普及により、企業の情報システムとWebサーバとの連携が求められてきています。 特に基幹システムにおいては、365日24時間の運用が不可欠になってくるほか、 大規模なシステムにも使えるWebサーバが必要になっています。

 今回の合意は、このようなニーズに応えるために、 両社の得意技術を融合したミドルウェア開発を行うもので、 第一弾としてクラスタ機能を付加した「WebBASE」の開発を今年末までに完了させ、 企業ユーザに対し幅広く採用を働きかけていきます。

 両社は、今後、NTTソフトウェアの海外市場進出にあわせてマーケティング活動をおこない、 両社の海外での製品展開を共同で進めていきます。

 なお、両社は、9月23日からシンガポールで開催されるCOMDEX Asia'98のNTTソフトウェアブースにおいて協力関係を幅広くアピールします。

*1:NTTソフトウェア研究所が開発し、NTTソフトウェアが販売しているWebサーバ。WWWとデータベースをトランザクションモニタで連携する。
*2:東芝が開発・販売しているクラスタソフト。WindowsNT、UNIXに対応。
*3:東芝が開発・販売している、高信頼・高可用を追求したトランザクション処理ソフト。

両社の協業内容

(1)東芝はNTTソフトウェアの製品「WebBASE」を販売、サポートをしていきます。 一方、NTTソフトは東芝のPCサーバ「MAGNIAシリーズ」、 UNIXサーバ「UXシリーズ」、ディスクアレイ装置「ArrayFortシリーズ」、 クラスタソフト「DNCWARE」等のハードウェア、ソフトウェア製品を組み合わせて、 販売・サポートしていきます。

(2)両社のソフトウェア技術を融合した製品開発を行い、 両社にて販売、サポートしていきます。 その第1弾として、NTTソフトウェアのインターネット用Webサーバ「WebBASE」と東芝のクラスタソフト「DNCWARE」をパッケージングした商品を開発します。

(3)両社は、さらに「WebBASE」と東芝のトランザクション処理ソフト「ATPS」を連携する共同開発を行います。 この両社の共同開発は、「WebBASE」の、 アプリケーション開発の容易性、マルチメディアとの融合が可能なフロントエンドサーバとしての特長の上に、 東芝のハイアベーラブルかつスケーラブルな「ATPS」を組み込むことで、 非常に高い信頼性を要求されるエレクトロニック・コマース(EC)市場にも適用できる高信頼アプリケーション・サーバを提供するためのものです。

(4)両社は国内をはじめ、海外での共同マーケティングを行っていきます。特に、海外では、 NTTソフトウェアの海外市場進出にあわせたマーケティング活動を行っていきます。


  • WindowsNTは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
  • UNIXはX/Openカンパニーリミテッドがライセンスしている米国およびその他の国における登録商標です。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright