東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
画質・音質の向上を図り、ラインナップを一新したDVDビデオプレーヤ3機種の発売について

1998年9月28日

新技術の搭載により
業界最高の水平解像度540本の高画質と歪率0.001%以下、
ダイナミックレンジ112dB以上の高音質を実現

 当社は、DVDで再生する映像のノイズを大幅に低減する「スーパー・サブ・エイリアス・フィルタ」を内蔵したビデオエンコーダと共に、 高音質を実現した「アドバンスド・マルチビット・デルタ・シグマD/Aコンバータ」などの新技術を搭載し、 画質、音質の向上を図ったDVDビデオプレーヤ3機種を11月1日より順次発売します。

 新製品は「スーパー・サブ・エイリアス・フィルタ」(6.25MHz/−3dB) を内蔵したビデオエンコーダの採用により水平解像度を約1割向上させた業界最高の540本を実現しています。 これにより、不要なノイズを抑圧すると共に優れた周波数特性を生かした透明感があり、 より原画に近く、画像の細部まで忠実な映像再生を可能にしています。
 また音声機能には、オーディオ回路に帯域外のノイズの少ない「マルチビットD/Aコンバータ」 と音の歪みが少ない「デルタ・シグマD/Aコンバータ」のそれぞれの長所を兼ね備えた新開発の高性能「アドバンスド・マルチビット・デルタ・シグマD/Aコンバータ」を搭載しています。 これにより96kHz、24ビットのハイサンプリングハイビット収録ソフトに対応するとともに、 アダプティブ・マルチ・ポート・パラレルDACモード時に歪率0.001%以下、 ダイナミックレンジ112dB以上の高音質(24ビット入力時)を実現しています。

 DVD市場はタイトルソフトも既に1,200を超え、 今秋からレンタルモニター店が増加するなど市場が拡大しています。 このような中、当社はラインナップの一新により、 ユーザの利用形態と幅広い層のニーズに対応します。
 新製品の「SD−V620」は、本格的なホームシアターの構築を志向した高級機タイプのプレーヤとして、 新技術の搭載による画質・音質の向上に加え、「アダプティブ・マルチ・ポート・パラレルDAC」方式の採用により、 2ch再生モード時にダイナミックレンジ112dBの高音質を実現しています。 また、筐体にアルミフロントパネルを採用し、キャビネットの強化による防振設計を施しています。
 新製品の「SD−K320N」はホームシアターとしての利用に加え、 30曲の予約が可能なカラオケ機能を搭載した、家族みんなで楽しめる多機能タイプのプレーヤです。
 新製品の「SD−P420」は、持ち運びに便利なB5サイズ(幅257mmX奥行182mmX厚さ47mm)に据置型と同等の機能を搭載し、 テレビのある部屋から部屋に持ち運んで手軽に楽しむことができるコンパクトタイプのプレーヤです。 また、本体とリモコンの表示ボタンに日本語表示を採用し操作性の向上を図り、本体色には高級感あふれるシャンパンゴールドを採用しています。 
「SD−P420」は歪率0.006%以下、ダイナミックレンジ105dB以上。


新製品の概要
新製品の主な特長
新製品の主な特長表
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


  • ドルビー、ドルビーデジタル、ドルビープログレッシブは、 ドルビーラボラトリーズライセンシングコーポレーションの商標です。
  • DTSは、デジタル・シアター・システムズ社の登録商標です。
  • スペシャライザーN−2−2は、デスバー・プロダクツ・インコーポレイテッドからの実施権に基づき製造されています。 SPATIALIZERおよびシンボルマークは、 デスバー・プロダクツ・インコーポレイテッドの登録商標です。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright