東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
低消費電力化と小形化を実現したIPMの新製品の発売について

1998年10月2日

 当社は、IGBT(絶縁ゲート形バイポーラトランジスタ) に駆動回路や保護回路を組み込んだIPM*1(インテリジェントパワーモジュール)の新製品として、 低消費電力化と小形化を実現した「MIG100J7CSA0A」など15品種を商品化し、 10月末より順次発売を開始します。

 新製品は、定格電圧600Vタイプ品において、 トレンチ(溝)ゲートを採用することなどによりオン電圧を当社従来比で約30%低減しています。 また、定格電圧1200Vタイプ品では、ノンパンチスルー(NPT) 構造の薄形プレーナタイプチップを採用することなどでオン電圧を約20%(当社従来比)低減しています。

 また、パッケージ内部の配線を立体構造化させることで、 外形サイズを約2分の1(当社従来比)に小形化することを実現しています。

 さらに、並列接続させることが可能なIGBTの2品種もあわせて商品化します。

 本製品は10月6日より行われるエレクトロニクスショーに出展される予定です。

*1IPM・・・ Intelligent Power Moduleの略で、IGBT(絶縁ゲート形バイポーラトランジスタ) に駆動回路や保護回路を組み込んでモジュール化したもの。
*2IGBT・・・ Insulated Gate Bipolar Transistorの略。


新製品の概要
サンプル価格
製品化の背景と狙い
新製品の概要
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright