東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
持ち運びができる小型・軽量の超音波診断装置「MiniVision(ミニビジョン)」の発売について

1998年10月8日

検査部位に応じて最も適したプローブ周波数を3種類の中から選択でき、
高画質な画像を実現

株式会社 東芝
東芝メディカル株式会社

 当社は、持ち運びができ小規模な病院や診療所、 往診などでの検査に適している小型・軽量の超音波診断装置「MiniVision (ミニビジョン)HT」と台車一体型の「MiniVision (ミニビジョン)MT」を商品化し、 10月17日からそれぞれ発売します。なお、販売は東芝メディカルが担当します。

 新製品は、下位機種ながら、 本体のダイヤル操作だけで検査部位に応じて最も適したプローブ周波数を高中低の3種類の中から手軽に選択できます。 体表部分では高い周波数で、 また、体内の浅い部分では真中の周波数で、 肝臓など深い部分では深達度のよい低い周波数で観察できるため、 高画質な画像を実現できます。さらに、「MiniVision (ミニビジョン)HT」は、 持ち運び用としては大型の9インチモニタを採用しており(従来は6インチ)、 検査しやすくなっています。

 なお、新製品は東芝メディカル株式会社が創立50周年記念行事として、 10月17日と18日に東京ビッグサイトで開催する「画論'98」に出展します。


新製品の主な概要
商品化の背景とねらい
新製品の主な特徴
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright