東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
インバーター・スポット加熱を採用したオーブンレンジの新製品の発売について

1998年10月14日

生地づくりから焼き上げまで、手軽にパンなどを作ることが可能

 当社は、容器の形状にあわせて電波の集まり方を制御すること(「インバーター・スポット加熱」機能)などにより、 ごはんのあたためなど使用頻度の高いメニューの加熱時間を約48秒と従来の約半分に短縮*1し、 消費電力量も15.4Wh(当社従来比24%減)*2に削減できるオーブンレンジ「ER−PS10」を10月16日より順次発売します。

 新製品は、電波の出力を従来の500W*3から700Wに上げるとともに、 ターンテーブル下の回転板に当社独自の形状を採用して回転パターンを制御することで、 電波の集まり方を「茶碗」「酒かん」「マグカップ」などの形状にあわせたスポット加熱を行うことができます。 これにより、レンジの加熱時間を当社従来比約半分へと短縮させ、 あわせて電気代の削減も実現*4しています。

 また、ねりこね専用容器を付属しており、ターンテーブルの回転を利用して、 パンやピザなどの生地を手軽にねり上げることができます。 ねり上げたパン生地をオーブンで焼き上げることで、 生地づくりから焼き上げまでを一台で行うことができます。

 さらに、夕食の支度時などは集中して電気を使うため家庭内で電圧降下が起こりますが、 新製品は、電圧の変化を検知してレンジの出力を補正し、 いつも安定した仕上がり状態を確保できるVF(Voltage Feedback)インバーターを搭載しています。

*1:当社従来機種「ER−FX8」でのごはんのあたため時間85秒と比較した場合。
*2:当社従来機種「ER−FX8」でのごはんのあたために要する消費電力量20.3Whと比較した場合。
*3:当社従来機種「ER−FX8」の出力値。
*4:当社従来機種「ER−FX8」と比較し、年間で約14%(約1123円)の電気代を節約。


新製品の概要
商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright