東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
省エネ性と小形化を実現したルームエアコンの発売について

1998年10月29日

 当社は、普及タイプのエアコンとして、 デジタルツインロータリーコンプレッサー*1を採用することなどにより省エネ性を向上させた「RAS−225LT」など3機種を、 11月中旬より発売します。

 新製品は、デジタルツインロータリーコンプレッサーなどの採用により、 当社従来機種に比べ約42%*2の年間電気代の低減を図るとともに、 COP値(エネルギー消費効率)*3を約30%向上させています。 これにより、年間電気代を21,400円と、 普及タイプのエアコンの中では高い省エネ性を実現しています。

 また、室外機の横幅を66cmに小形化することで、 ベランダなどの奥行き方向にも室外機を設置することが可能です。

*1デジタルツインロータリーコンプレッサーは、運転効率を向上させる特長を持ち、 93年に発売したRAS−251NTDから採用されているコンプレッサーです。
*2当社従来機種RAS−225BVと、今回新製品RAS−225LTとの比較。
*3省エネの目安となる指数(定格時能力定格時消費電力)で、 暖房・冷房運転した場合の平均値で算出。


新製品の概要
商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright