東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
コピー・ファックス・プリンタの機能を統合したデジタル複合機の発売について

1998年11月10日

 当社は、コピー、ファックス、プリンタの各機能を1台に統合することにより、 効率的な作業や、設置場所の省スペース化を実現した、 デジタル複合機「プリマージュ351シリーズ」2モデルを11月10日から順次発売します。

 新製品は、600dpiの高解像度と、 当社独自の画像処理技術「DIGIART」注1により細い線や写真の高画質再現を可能とするとともに、 1分間に35枚(A4ヨコ)の複写ができるコピー機能、 スーパーG3の高速伝送が可能なA3対応のファックス機能、および高速、 A3対応のプリンタ機能といった3つのOA機器の機能を1台に搭載した複合機です。

 また、大容量2.1GB(ギガバイト)のハードディスク装置を標準装備することでメモリーオーバーを低減し、 コピー、ファックス、プリンタの各機能の効率性を向上させています。

 さらに、オプションを装着することにより、多段給紙、両面印刷、 機能毎の排紙の仕分け、ステイプル止め等の機能追加が可能な、拡張性も図っています。

注1Digital Image Advanced Reproduction Technique
搭載機能はモデル、及びオプション装着により異なります。 また、Fax機能搭載モデル、関連オプションは99年1月発売予定。


新製品の概要
開発の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright