東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
ディスクアレイ装置「ArrayFort(アレイフォート)」の中位モデル「AF1200」の発売について

1998年12月24日

 当社は、独自に開発した高信頼のハードウェアRAID*1によるディスクアレイ装置「ArrayFortシリーズ」の中位モデルとして、 高速性を実現した「AF1200」を商品化し、来年1月から営業活動を開始します。

 新製品は、サーバとの接続インタフェースとして、従来のSCSIに加えて、 100MB/Sの高速なファイバチャネルインタフェースをサポートしているほか、 ディスク容量も最大で従来の2倍の218GB*2まで実装できます。 また、電源、ファン、コントローラの2重化やオンライン交換(ホットスワップ)が可能であるなど、 「ArrayFortシリーズ」の高信頼性を継承した大規模かつ高速なディスクアレイ装置です。

 当社の「ArrayFortシリーズ」は、 すでに販売している小規模グループサーバ向け「AF500」と今回販売を開始する「AF1200」、 さらに、来年第2四半期にリリースを予定している高性能かつ大容量な最上位モデルにより、 システムの規模に応じた柔軟な選択が可能になります。

 当社は、今後益々需要が増すUNIXサーバやPCサーバなどオープン機向けディスクアレイ装置の商品群をさらに充実し、 コンピュータプラットフォーム事業として積極的な展開を図ります。 来年発売する最上位モデルを含め「ArrayFortシリーズ」全体で、 99年度の売上げ70億円を目指します。
*1:Redundant Arrays of Independent Disks の略。
複数のディスクを使用することで、信頼性と高速性を実現する技術。
*2:当社製の同レベルの機種「AF1000」との比較。


新商品の概要
商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


  • UNIXはX/Openカンパニーリミテッドがライセンスしている米国並びに他の国における登録商標です。

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright