東芝トップページ お問い合わせ
戻る  発表月別  テーマ別
開発の背景と狙い

血管撮影用のX線診断システムの国内市場は、年間250台程度の需要があり、 当社は4割強のシェアを有している業界最大手です。
 昨年発売した床置きCアームシステム「Infinix(インフィニックス)CSTM」は、 「ワンハンドグリップ」採用による操作性の向上やアームの稼動スピードの向上などが医療現場に受け入れられ、高い評価を受けています。 新製品「Infinix(インフィニックス)CBTM」は、 シングルプレーン「Infinix(インフィニックス)CSTM」で培った設計思想をバイプレーンシステムに拡張して開発したものです。
 カテーテルの先端に付けたバルーン(風船)で血管内の狭窄部を拡張するインターベンション術では、 複雑に走行した冠状動脈の狭窄部まで迅速にカテーテルを進めるために、 2方向から同時に透視し、撮影できるバイプレーンシステムの利用が普及してきています。
 さらに、投入する造影剤の量が限定される新生児の先天性疾患の検査などでは、 造影剤の量を1/2に低減できるバイプレーンシステムが非常に有用です。
 新製品は、従来のバイプレーンシステムを改良し操作性やアームの稼動スピードの向上を図ることで、 より使い易くなりました。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright