東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
低圧配電・制御器具事業に関する合弁会社の設立について

1999年2月1日

株式会社 東芝
日本シュネデールエレクトリック株式会社

 株式会社東芝(以下東芝)と日本シュネデールエレクトリック株式会社(以下日本シュネデール社)は、 国内市場向けの配線用遮断器や電磁開閉器、 操作スイッチなどの低圧配電・制御器具の開発・製造・販売およびアフターサービスを行う新会社「東芝シュネデールエレクトリック株式会社」 (社長:アラン・ルケ、本社所在地:東京都渋谷区)を1月29日に設立しました。 新会社は5月から本格的な事業活動を開始します。
 なお、東芝と日本シュネデール社は、現在の両社の低圧配電・制御器具事業を新会社に統合します。

 新会社は、東芝が国内市場で定着させている販売力やブランド力と、 日本シュネデールの親会社であるシュネデールエレクトリック社(本社:フランス、以下シュネデール社) の豊富な製品群および製品技術力などを活用することによって、 日本市場における低圧配電・制御器具の事業拡大をめざして設立したものです。

新会社設立の背景と狙い

 低圧配電・制御器具は、ビルや工場などの各種施設や産業用機械・システムの低圧電気回路向けに安定した需要がありますが、 最近では品質の向上と安定したアフターサービスに対する要求が一段と強まってきています。
 一方、工業製品全般の国際規格であるIEC(International Electrotechnical Commission)規格がJIS規格に取り入れられつつあるなど、 世界規模で浸透し始めたグローバルスタンダード化の動きは低圧配電・制御器具にも及んでいます。 また、工作機械を中心とした日本製産業用機械の輸出増大にともない、CEマーキング、 UL/CSA規格など世界各国の規格への適合についても重要なセールスポイントになりつつあります。

 今回の新会社は、モータやパワーエレクトロニクス、 大形ドライブ関連分野でトップクラスの東芝と、 モータ回路の開閉・保護機器をはじめ安全機器、 コマンドスイッチなどの低圧制御機器分野において世界のトップメーカであるシュネデール社が合弁で設立するものであり、 グローバルスタンダード化を先取りする技術開発力に高品質な製品と安定したサービスの提供を加えて、 低圧配電・制御器具の販売拡大を図っていきます。
 東芝とシュネデール社は、1993年のインドネシアでの電磁開閉器製造合弁会社の設立や1998年のインバータ製品開発合弁会社の設立など、 従来から低圧配電・制御器具の分野で協力関係にあり、 新会社の設立によって関係をさらに深めていきます。 新会社は、東芝およびシュネデール社それぞれのブランドの製品を継続して販売し、 低圧配電・制御器具のほぼすべての分野をカバーすることになります。

新会社の概要

社   名:東芝シュネデールエレクトリック株式会社
社   長:アラン・ルケ(現日本シュネデール社社長)
資 本 金:4億8,000万円
出資比率:東芝:日本シュネデール社=40:60
設 立 日:1999年1月29日
本社所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷4−14−4
支店および営業所: 支店−大阪、名古屋 営業所−仙台、福岡
工場および物流拠点: 三重県(東芝三重工場内)
主要製品:配線用遮断器、漏電遮断器、電磁開閉器、操作スイッチ、安全機器、表示灯、
海外規格認定低圧変圧器、閉鎖箱など

(ご参考)
シュネデールエレクトリック社概要

社   名:シュネデールエレクトリック社(Schneider Electric S.A.)
代 表 者:アンリ・ラックマン(Henri Lachmann)
資 本 金:2,700,164,100フラン
本社所在地:40,avenue Andre Morizet.92646 Boulogne-Billancourt,France
従業員数 :約61,500人
事業内容 :高・低圧遮断器および配電盤、電力用遮断器および送・変電機器、変圧器、
モータの開閉・制御機器、PLCなど産業用電気機器・装置の開発・製造・
販売およびサービス
日本法人 :日本シュネデールエレクトリック社(社長:アラン・ルケ(Alain Rouquet))


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright