東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
カスタムエアコンの新製品の発売について

1999年2月24日

業界初のインバータと一定速の2つの運転機構を搭載した
新開発コンプレッサーを採用

 当社は、店舗・オフィス用のカスタムエアコン*1として、 業界初のインバーター運転と一定速運転の2つの機構をあわせ持つコンプレッサーを搭載することで、 設定温度にあわせて最適な高効率運転ができるとともに、 省エネ性の向上も実現することのできる「カスタムBIGインバーター」2機種(8馬力、10馬力)を、 4月1日より発売します。

 新製品は、大容量(8馬力、10馬力)のカスタムエアコンとしてインバーター運転による高効率運転に対応することができ、 当社従来比で約40%消費電力の低減*2を実現しています。

 また、配管長を業界最長の125m*3にまで対応できるため、 郊外型の大形店舗などのように室外機の設置場所が離れている場合でも据え付けるためのレイアウト設定が容易に行えます。

 従来の中小容量(2〜6馬力)のカスタムインバーターエアコンシリーズに、 今回新たに大容量タイプの2機種(8馬力、10馬力)を加えることで、 さまざまな大きさの店舗にあわせたカスタムエアコンを選ぶことができます。

*1カスタムエアコンとは、当社の愛称で店舗・オフィス向けの業務用エアコンです。
*2当社従来の一定速機種「A2U2241」(8馬力)および「A2U2801」(10馬力)との比較(当社試算による)。
*3配管相当長ベース。当社従来の一定速機種での配管相当長は70m。


新製品の概要
商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright