東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
デジタルメモリーレコーダー「ボイスバー プロ」の新製品の発売について

1999年3月17日

記録媒体にスマートメディアを採用し、録音内容が保存できる

株式会社 東 芝
東芝ビデオプロダクツジャパン株式会社

 東芝ビデオプロダクツジャパン株式会社(社長:津田 昭彦、本社所在地:東京都港区)は、 音声を記録するメモリー媒体にスマートメディアを採用した名刺サイズのデジタルメモリーレコーダー 「VOICE BAR PRO(ボイスバー プロ) DMR−SX1」を、 4月1日より発売します。

 新製品は、音声の記録媒体にスマートメディアを採用しています。 スマートメディアの容量を選択することで録音する時間にあわせた使い分けができます(付属の8メガバイトで最大約2時間12分まで録音可能)*1。 カセットテープの交換のようにメモリーを着脱できるので録音した内容をそのまま保存しておくことが可能です。

 また、録音時に低音域をカットして周囲の雑音などを目立たないように設定できる当社独自の 「サウンドフィルター」機能を搭載しています。

 今回の新製品の商品化にあわせて、録音した音声をパソコンで再生したり、 ファイリングができる専用のソフトも今後発売する予定です*2。 録音内容をパソコンに取り込むことでメールで転送したりすることもできます。

*1録音可能時間は、スマートメディアの容量によって変わります。 スマートメディアの容量が16メガバイトの場合は最大約4時間25分まで録音できます。
*2専用ソフトは6月発売予定(価格は未定)。 パソコンに保存する際には、専用ソフトのほかに接続キットとしてフラッシュパス、 またはスマートメディア・アダプターカードが必要となります。


新製品の概要
商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


  • Windows(R)は、米国Microsoft Corporation の登録商標です。
  • FlashPathTMは、米国Fisher International Systems Corporation の商標です。

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright