東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
業界最大の上向き角度34度の扇風機の発売について

1999年3月18日

暖房器具との併用時に室内の温度ムラを効率良く低減

株式会社 東芝
東芝ホームテクノ株式会社

 東芝ホームテクノ株式会社(社長:友井建二、本社所在地:新潟県加茂市)は、 上方向への風向き角度を業界最大の34度(当社従来機種は24度*1)まで対応することのできるリビング用扇風機「F−LR22」など2機種を、 4月1日より発売します。

 扇風機は夏場に風にあたって涼むという使い方が主流ですが、 最近では冬場の暖房器具を使用する際にも併用することで、 天井付近にたまりがちな暖気を攪拌して室内の温度ムラを低減するといったケースも増えています。

 新製品は、上方向への風向き角度を業界最大の34度と高く設定できることで、 暖房器具との併用時に、直接体に風をあてることなく効率良く室内の空気を攪拌することができます。

 また、収納時の箱の厚さにおいても薄形化(業界最薄の14cm)を図ることで、 扇風機を使用しないシーズンオフ時には押入れや物置にコンパクトに収納することができます。

*1当社従来機種「F−LY22」などとの比較 


新製品の概要
商品化の背景とねらい
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright