東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
PメールDXに対応したPHS電話機の発売について

1999年3月23日

受信感度を30%アップした「感度ダントツアンテナ」を採用

 当社は、電波の受信感度を従来比約30%アップさせると同時に、 通話品質を向上して切れにくいスムーズな通話を実現したPメールDX対応PHS電話機 「Power Carrots DL−S100」を99年4月3日から発売します。

 新製品は、従来機種より3cm長くした「感度ダントツアンテナ」の搭載により、 電波の受信感度が約30%アップしています。

 また、通話に途切れが発生すると自動的に基地局を高速にサーチしなおす「クイックモード」 を採用することで、通話中のノイズが少なくなり快適な通話が楽しめます。

 新製品は、約1,000文字までのかな漢字まじりメッセージの送受信が可能な「PメールDX」 に対応しており、PメールDX対応の他の端末ともメールのやり取りができる他、 20文字までの英・数・カナ・特定記号の送受信が可能なPメール(ショートメッセージ機能)も利用できます。
 さらに「PメールDXセンター」を経由してインターネットメールの送受信や情報サービスの入手が可能です。

 本体はコンパクトなサイズながら48文字を一括表示できる大型液晶画面を搭載しているので、 長い文章が読みやすく持ち運びにも便利です。また、PメールDXの送受信履歴は、 テキスト1,000文字の場合でも80件程度メモリーすることができる大容量です。

Power Carrots DL−S28Pとの比較


新製品の概要
商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright