東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
世界最小の消費電流を実現したMD用ヘッドフォンアンプICの発売について

1999年3月29日

 当社は、回路設計の最適化により世界最小の消費電流を実現したポータブルMD用ヘッドフォンアンプIC「TA2131FL」を開発し、 本日よりサンプル出荷を開始します。サンプル価格は200円で、 月産50万個規模で量産を開始する予定です。

 新製品は、回路設計の最適化などにより無信号時電流で世界最小の0.75ミリアンペアを実現していますので、 ポータブルMD機器に組み込むことで、セットとしての低消費電力を可能にすることができます。

 さらに、携帯電話やPHS用IC等で採用されている超小型QON(Quad Outline Nonlead)パッケージを採用しています。 これにより、実装面積で60%減、厚さで半分以下となり、セットの縮小に貢献できます。


新製品の主な概要
開発の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright