東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
操作時間を短縮できる脳血管専用X線診断システムの発売について

1999年4月2日

株式会社 東芝
東芝メディカル株式会社

 株式会社東芝は、脳血管専用のX線診断装置として、 12インチイメージインテンシファイア(I.I.)*1を搭載した床置式Cアームと天井走行式 アームを組み合わせたバイプレーンシステム「Infinix NB」 および12インチI.I.を搭載した床置式Cアームシングルプレーンシステム「Infinix NS」を商品化し、本日から営業活動を開始します。

 新製品は、脳血管にカテーテルを通して造影剤を注入し、そのX線吸収を利用して血流を動画で観察する装置で、 モニタから目をそらさずに片手でブラインド操作ができる東芝独自の「ワンハンドグリップ」 やアームの位置を登録できる「オートポジショニング」機能などの採用により、 操作時間の短縮を可能にしており、コイルなどを使用して動脈瘤の塞栓を行うなどの最先端のインターベンション術でのX線被爆を大幅に低減することができます。

 また、新製品は、フィルムレスの完全デジタル・イメージングによって、 画像の高画質化や即時性を実現しており、診断効率を高めています。
 さらに、オプションの回転DSA(Digital Subtraction Angiography)*2を組み合わせることにより、 頭部血管走行の立体的把握が可能になります。 バイプレーンシステム「Infinix NB」では東芝独自のバイプレーン回転DSAが可能で、 1回の造影で他方向からの立体的観察ができます。

 新製品の国内販売は東芝メディカル株式会社が担当します。 なお、新製品は、4月4日から東京国際展示場で開催される「1999年国際医用画像総合展('99JMCP)」に出展します。

*1:X線を光→電子→光に変換する装置。
*2:血管造影画像から造影前の背景を引き算して、造影された血管のみを表示するX線透視・撮影方法。


新製品の主な概要
開発の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright