東芝トップページ お問い合わせ
戻る  発表月別  テーマ別
新製品の主な特長

A4ノートパソコン「DynaBook 4050X」

ノートパソコン用最新CPU「モバイルIntel(R)CeleronTMプロセッサ(333MHz)」を搭載
最新CPUを搭載し、低電圧駆動による低消費電力と、省スペース設計、 128KBのセカンドキャッシュをCPUに内蔵し、演算処理能力を向上させています。 メモリは高速SDRAM(Synchronous DRAM)を64MB標準装備し、最大192MBまで増設できます。 さらに、Ultra DMA対応の大容量6.4GBハードディスク装置を内蔵し、 音楽やグラフィックデータにも余裕で対応できます。
また、表示画面には、XGA対応14.1型の大画面・高精細TFTカラー液晶ディスプレイを採用し、 グラフィックチップとして3D高速アクセラレーション機能をそなえた「Trident Cyber 9525DVD」を搭載。 2.5MBのビデオRAMにより1,024X768ドット(XGA)の高解像度でフルカラー最大65,536色同時表示(ディザリング表示)を実現するとともに、 外部CRTを接続すれば最大1,280X1,024ドットの高精細表示が可能。高速なグラフィックス描画性能を発揮します。 また、「Microsoft(R)Windows(R)98」でサポートされた新機能「デュアルスクリーン機能」にも対応し、 1つのデスクトップ画面を2台のディスプレイで映し出すことができます。

A4ノートパソコン「DynaBook 2540S」

ノートパソコン用AMD社最新CPU「モバイルAMD-K6(R)-2プロセッサ(333MHz)」を搭載
AMD社の開発した3DNow!TMテクノロジを搭載した低電圧の最新CPUを搭載し、 優れた3Dグラフィックス処理やマルチメディア機能の向上を図っています。 また、セカンドキャッシュメモリには512KBのパイプラインバーストSRAMを搭載し、 メインメモリにEDO(Extended Data Out)を64MB標準装備、最大192MBまで増設することができます。 ハードディスクには4.3GB大容量HDDを内蔵しています。
また、表示画面には、XGA対応13.3型の大画面・高精細TFTカラー液晶ディスプレイを採用し、 グラフィックチップとして「S3 ViRGE(R)/MX 86C260」を搭載。 2.0MBのビデオRAMにより1,024X768ドット(XGA)の高解像度でフルカラー最大65,536色同時表示(ディザリング表示)を実現するとともに、 外部CRTを接続すれば最大1,280X1,024ドットの高精細表示が可能。 高速なグラフィックス描画性能を発揮します。 また、「Microsoft(R)Windows(R)98」でサポートされた新機能「デュアルスクリーン機能」にも対応し、 1つのデスクトップ画面を2台のディスプレイで映し出すことができます。

A4ノートパソコン「DynaBook 4050X/2540S」共通の特長

  1. 薄さ40.9mmにCD-ROMとFDDを同時内蔵したシルバーメタリックボディ
    最大24倍速CD-ROMドライブとFDDを本体に内蔵し、 A4サイズの省スペースのままで充実した作業環境を実現しました。 また、デスクトップ用キーボードなみの19mmのワイドなキーピッチと3mmキーストロークや定評あるアキュポイントなど、 使い勝手のよさを追求するとともに、集積技術の向上により本体の薄さを40.9mm(最薄部)にし、 筐体にシルバーメタリックの斬新なカラーリングとブライトグリーンのアキュポイント&コントロールボタンがアクセントになった、 やわらかな丸みのあるデザインを採用しています。サウンドにはPCIバス接続サウンドシステム*1を採用し、 ゆるやかな曲線をえがいたスピーカがダイナミックな重低音と豊かな音質を引き出し、 マルチメディアCD-ROMの音声やMIDIサウンドをクリアに再現します。
    *1DynaBook2540SはSound Blaster Pro互換のサウンドシステムです。

  2. すぐに使える楽しいアプリケーションソフトを多数プレインストールした家庭向けノートパソコン
    新商品には、インターネットブラウザ起動やCD再生/曲送り/曲戻しなどの操作がすばやくできるキーを設けるとともに、 内蔵の高速FAXモデム(最大56Kbps、V.90)と接続ソフト「簡単インターネット」から容易にインターネット接続ができ、 「PostPetTM Ver2.0jp」や「Microsoft(R)OutlookTM98 for Windows」によりE-Mailを楽しんだり、 音声・音楽ソフトには「東芝音声システム(音声認識/合成ソフト)*1」「XG Studio Mixer」 「X-YXG100 Player」、画像再生・編集には「Adobe(R)Acrobat(R)Reader 3.0J」「Adobe(R)PhotoDeluxe(R)3.0 for ファミリー」 や「Mobile Motion Viewer*2」、さらにデータ分析に威力を発揮する「Microsoft(R)Word98 & Excel97」等々、 便利で楽しいアプリケーションソフトを多数プレインストールし、 パソコンを手軽にご活用いただけるツールを取りそろえています。また、 東芝オリジナルソフトとして、 複数の通信環境の設定を簡単に切り換えることができる「一発チェンジャ」やファイルの同期を行う「モバイルシンクロ」などもプレインストールしています。
    *1東芝音声システムには、以下のようなソフトが入っています。
    作成したファイルを読み上げる「おしゃべりテキスト」「おしゃべりforWord」「おしゃべりforExcel」、 電話回線を通じて受信したメールを音声で読み上げる「もしもしメール」、 マイクからの呼びかけにうさぎのミミが反応する「おしゃべりミミ」。
    *2東芝が開発している最新の映像ストリーム技術です。 インターネットで提供されるMPEG4ストリームデータの再生をスムーズにおこないます。

  3. 環境調和型多層プリント基板(ハロゲンフリー材)を採用
    焼却時にダイオキシン類を発生させない環境調和型多層プリント基板*1を採用しました。 また、省電力を実現し発熱を抑えるために、電力管理としてACPIを採用し、 独自の省電力設定ユーティリティを搭載することにより、 ユーザレベルでの細部にわたる省電力設定を可能にしています。 さらには発泡材不要な梱包箱や再生紙を利用したマニュアル、 「国際エネルギースタープログラム」へ企業として参加など、 様々な面から環境にやさしいパソコンの実現を図ります。
    *1環境調和型ガラスエポキシ多層基板の材料開発で先行している、東芝ケミカル(株)製の材料を採用

マイクロタワー「EQUIUM 6365E2」

最新「Intel(R)CeleronTMプロセッサ(366MHz)」搭載のマイクロタワー
ミニタワー*1と比べ、設置面積で約75%、 筐体の大きさで約65%の省スペース化を実現したスモールサイジングのマイクロタワーデスクトップです。 CPUには、最新「Intel(R)CeleronTMプロセッサ(366MHz)」を搭載し、 インテル社の高性能PCIチップセット「440EX」との組合せによりデータ転送の高速化を実現しました。 メインメモリには標準で64MB(SDRAM)、最大256MBまで搭載でき、 UltraDMA-33対応4.3GBハードディスクや最大32倍速CD-ROMドライブ、 AGP (Accelerated Graphics Port)対応のATI社高速グラフィックス「3D RAGETMPRO Turbo」を搭載するなど、 システム全体の高速性を高めています。
また、空きスロットとして5型拡張ベイX1基、3.5型拡張ベイX1基、PCI/ISAX1スロット(フルサイズ)、 ISAX1スロットを活用することができ、省スペースながら拡張性にすぐれた設計となっています。 電源スイッチとスリープスイッチを本体中央にデザイン配置しています。
*1ミニタワー「 EQUIUM 7500M4 」と比較。

コンパクトデスクトップ「EQUIUM 7450S2/6405S2」

最新・高速「Intel(R)Pentium(R)IIIプロセッサ(450MHz)」搭載の省スペースデスクトップ
デスクトップ*1と比べ、横置き時の設置面積で約50%、 筐体の大きさで約30%の省スペース化を実現したコンパクトデスクトップです。 本体は縦置き/横置きが可能で、標準添付の専用縦置きスタンドを使い、 安定した縦置き利用が可能です。 液晶ディスプレイ(オプション)との組み合わせで、 デスクスペースをより広く使え、設置場所を選ばないコンパクトさが操作環境を快適にします。
CPUには、最新・高速の「Intel(R)Pentium(R)IIIプロセッサ(450MHz)」と「Intel(R)CeleronTMプロセッサ(400MHz)」を搭載*2し、 インテル社の高性能PCIチップセット「440ZX」との組合せによりデータ転送の高速化を実現しました。 メインメモリには標準で64MB(SDRAM)、最大256MBまで搭載でき、 UltraDMA-33対応8.4GBハードディスク*3や最大24倍速CD-ROMドライブ、 AGP (Accelerated Graphics Port)対応のATI社高速グラフィックス「RAGETM LT PRO」、 さらにデジタル液晶インタフェースを搭載するなど、システム全体の高速性を高めています。
また、空きスロットとして、PCI/ISAX1スロット、ISAX1スロットを活用することができ、 必要最小限の機能をコンパクトにまとめた設計となっています。
*1スタンダードデスクトップ「EQUIUM 6405D3 」と比較。
*2EQUIUM 7450S2は Intel(R)Pentium(R)IIIプロセッサ(450MHz)を搭載。 EQUIUM 6450S2は Intel(R)CeleronTMプロセッサ(400MHz)を搭載。
*3EQUIUM 6450S2は 4.3GBハードディスク内蔵。

スタンダードデスクトップ「EQUIUM 7450D3」

最新・高速「Intel(R)Pentium(R)IIIプロセッサ(450MHz)」搭載のスタンダードデスクトップ
最新・高速のCPU「Intel(R)Pentium(R)IIIプロセッサ(450MHz)」を搭載し、画像・動画処理、 高音質のオーディオ・音声認識、高度な3D処理を実現します。 チップセットにはインテル社の高性能PCIチップセット「440BX」を採用しました。 PC100(クロック周波数100MHz)対応のメインメモリには標準で64MB、最大256MBまで搭載でき 、UltraDMA-33対応8.4GBハードディスクや最大32倍速CD-ROMドライブ、 AGP(Accelerated Graphics Port)対応のATI社高速グラフィックス「3D RAGETM PRO Turbo」 を搭載するなど、システム全体の高速性を高めています。
また、空きスロットとして、5型拡張ベイX1基、3.5型拡張ベイX1基、PCIX3スロット、 PCI/ISAX1スロットを活用することができ、高い拡張性・汎用性にすぐれた設計となっています。 本体のサイドカバーがビスなしワンタッチで開閉でき、メモリ増設が容易にできるのも特徴です。

ミニタワー「EQUIUM 7500M4」

最新・最高速CPU「Intel(R)Pentium(R)IIIプロセッサ(500MHz)」搭載のミニタワー
最新・最高速のCPU「Intel(R)Pentium(R)IIIプロセッサ(500MHz)」を搭載し、画像・動画処理、 高音質のオーディオ・音声認識、高度な3D処理を実現します。 チップセットにはインテル社の高性能PCIチップセット「440BX」を採用しました。 PC100(クロック周波数100MHz)対応のメインメモリは標準で64MB、最大256MBまで搭載でき、 UltraDMA-33対応8.4GBハードディスクや最大32倍速CD-ROMドライブ、ビデオRAMは16MB(SGRAM)内蔵し、 AGP (Accelerated Graphics Port)対応の高速グラフィックスnVIDIA社「RIVA TNT」を搭載するなど、 最新のアーキテクチャを満載したミニタワーです。
また、空きスロットとして5型拡張ベイX3基、3.5型拡張ベイX1基、PCIX3スロット、 PCI/ISAX1スロットを活用することができ、高い拡張性でさまざまなニーズに応じた設計となっています。

EQUIUMシリーズ 共通の特徴

  1. 100BASE-TX LANインタフェース標準装備し、ネットワーク環境への対応
    インテル社が提唱しているWfM1.1に準拠し、 100BASE-TX/10BASE-T LANインタフェースを標準装備。 さらにネットワークでクライアントを効率的に管理するDMI(Desktop Management Interface)準拠の 「Intel(R)LANDesk(R) Client Manager Ver3.32J」をCD−ROMで標準添付。 クライアントの集中管理によりシステムの管理コスト低減を実現します。 DMI情報の収集により、パソコン資産管理が容易になるとともに、クライアントの障害管理機能をサポート。 電源、電圧、S.M.A.R.T.対応ハードディスクを監視し、異常があった場合はメッセージを表示させ、 システムの障害を瞬時に把握し対応することができます。 またミニタワー「EQUIUM 7500M4」は Alert on LANに対応。 クライアントマシンの電源がオフの状態、あるいはOSが起動されていない状態でも、 マシンに異常があれば検知し、システム管理者へ伝えることができます。

  2. ユーザからの注文仕様にあわせたカスタムメイド対応
    新製品EQUIUMシリーズは、メインメモリ、ハードディスクの増設、 プレインストールOSの選択など、基本構成をユーザからの注文仕様に合わせてご提供する「カスタムメイド」サービスをおこなっています。 メモリは64MB/128MB/256MB*1の組合せで最大256MB*1まで、 ハードディスク容量は4.3GB*2/8.4GB/13.0GBから、 またOSは「Microsoft(R)Windows(R) 98/Windows(R)95/WindowsNT(R) Workstation4.0」から、 それぞれ組合せて選択することができ、オフィス環境や規模に合った最適なシステム構築が可能となります。
    *1:ミニタワー「EQUIUM 7500M4」は、384MBまでメモリ増設可能。
    *2:4.3GBハードディスクの対応は「EQUIUM 6405S2」「EQUIUM 6365E2」のみです。

  3. Windows(R)2000 READY PCプログラム
    EQUIUMシリーズのMicrosoft(R)Windows(R)NT搭載モデルは、 マイクロソフト社の定めるWindows(R)2000 READY PCsに適合しています。 システムの安定性やセキュリティへの対応、 そしてTCOの削減などを実現するオペレーティングシステムWindows(R)2000への対応にスムーズに移行できるよう安心してご利用いただけます。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright