東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
Microsoft(R)Office2000上で翻訳できる英日/日英翻訳ソフトウェア「The翻訳オフィスV2.0」の発売について

1999年7月8日

メニューバーから選択するだけで簡単に翻訳が可能

 当社は、Microsoft(R)社のOffice2000に対応し、Word2000、Excel2000、 PowerPoint(R)2000上で英日/日英の双方向の翻訳が簡単にできる翻訳ソフトウェア「The翻訳オフィスV2.0」を商品化し、 8月27日より発売します。

 新商品は、従来のWord、Excel、PowerPoint(R)に加えMicrosoft(R)Office2000に含まれる最新バージョンにも翻訳機能を付加することができ、 メニュー・ツールバー内に「The翻訳」のメニューを自動的に登録、表示します。 これにより、画面を切り替えることなく指定した部分や文書全体の英日/日英の両方に翻訳することができます。 さらに、24万語の英日基本辞書と16万語の日英基本辞書を標準で搭載しており、 翻訳の精度を向上させています。

 また、Microsoft(R)社のOutlook(R)やLotus社のNotesなどのメールの内容を自動翻訳することができます。
*1当社従来商品「The翻訳オフィスV1.0」 (1998年6月1日発売)は23万語の英日基本辞書と8万語の日英基本辞書を搭載


新製品の概要
商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
動作環境
オプション
お問い合わせ先


  • インストール時には、CD-ROM装置が必要となります。
  • 本商品には上記連携可能ツールは含まれておりません。 DOC形式ファイルの翻訳にはWord95/97/98/2000のいずれかが、 PDF形式ファイルの翻訳にはAcrobat3.0J/4.0Jのいずれかが必要です。 Word/Acrobatは本商品には含まれていません。すべて日本語版。 版・プレリリース版・SDKなどで改造したツールでの動作は保証いたしません。
  • Microsoft,Windows,WindowsNT,PowerPointは米国マイクロソフト社の米国およびその他の国における登録商標です。
  • PentiumはIntel Corporation社の登録商標です。
  • The翻訳は、株式会社東芝の商標です。
  • その他、本文中の商品名称はそれぞれ各社が商標、 登録商標として使用している場合があります。

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright