東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
マルチ機能対応CD−R/RWドライブの発売について

1999年8月2日

DVDの再生が可能なCD−R/RWドライブの発売

 当社は、DVDソフトの再生を可能にしたCD−R/RWドライブ「SD−R1002」を製品化し、 新たにCD−R/RWドライブ市場に参入します。 本製品は、当社がCD−ROMドライブやDVD−ROMで培ってきた技術を活かして開発したもので、 9月から出荷を開始します。

 新製品は、最大4倍速でのCD−R/RWへの記録と、 最大24倍速でのCD−ROMの再生に加え、最大4倍速でDVD−ROMの再生が可能なので、 パソコン用ドライブとして最もニーズの高い4つの機能を1台で実現することができます。 また、業界標準のハーフハイト・サイズ(41.5mm厚)で、 ATAPIインタフェースを装備しているので、 パソコンに内蔵するドライブとして簡単に増設や置き換えが可能となっています。


新製品の概要
製品化の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright