東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
シリコンオーディオ再生機器用のデジタル・シグナル・プロセッサの製品化について

1999年8月18日

業界ではじめてAACとMP3の両オーディオ圧縮方式に対応

 当社は、フラッシュメモリなどを記憶メディアとして使ったシリコンオーディオ再生機器やDVDプレーヤ、 テレビなどのAV機器向けのデジタル・シグナル・プロセッサ(DSP)「TC9446Fシリーズ」を開発し、 10月からサンプル出荷を開始します。サンプル価格は2,000円、 11月から量産出荷を開始します。
 同製品は、インターネットで音楽を配信する際などに主に利用されているデジタルオーディオ圧縮技術であるAAC(2ch)、 MP3に対応するとともに、DVDなどで採用されているDolby Digital(AC3 2ch,5.1ch)、 dts(Digital Theater System)などの各種オーディオ圧縮方式の他、Dolby ProLogicなどに対応したデコーダ処理プログラムを内蔵したDSPです。
 AAC(2ch)とMP3にワンチップで対応できるDSPの製品化は業界ではじめてです。


新製品の概要
開発の背景と狙い
新製品の主な特長
新製品の主な仕様
お問い合わせ先


"Dolby","AC-3"および"Pro Logic"はDolby Laboratories Licensing Corporationの商標です。
"dts"はDigital Theater Systems, Inc. の商標です。
本製品のご使用にあたっては、圧縮規格に応じて各ライセンシーとの契約が必要です。

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright