東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
モノリシック2波長半導体レーザの開発について

1999年9月2日

DVD/CD両用ピックアップヘッドの設計簡略化が可能

 当社は、発振波長650nmと780nmの半導体レーザが1チップ内に形成されたモノリシック2波長レーザ(TWIN−LD:Two Wavelength Integrated Laser Diode)を開発しました。 本開発製品により、DVD/CD両用ピックアップヘッドの設計が大幅に簡略化できます。

 DVDとCDではディスク上の信号を読み出す半導体レーザが異なり、 DVDには波長650nmのレーザが、CDには波長780nmのレーザが必要です。 このため、DVDとCDの両方に対応したDVD−ROM装置では、 650nmと780nmの2つの半導体レーザが必要となり、 それぞれに光学系の設計をする必要がありました。 本開発製品は、1チップに650nmと780nmのレーザを作りこんだモノリシック2波長半導体レーザのため、 単体でありながら、650nmと780nmの2つを使った場合と同一機能を有しています。 モノリシックのため高精度で発光点間隔が制御でき、従来の2レーザを使うタイプに比べて、 DVD−ROM装置用ピックアップヘッドの設計が大幅に簡略化できます。

 本開発にあたり、DVD用の650nmレーザには、 当社のDVD用赤色半導体レーザとして実績のある構造を採用し、 CD用はシミュレーション技術を用いて構造の最適化を行いました。 更に、反射膜の最適化により、650nm,780nmともケース温度70℃、 定格光出力7mWを実現しました。高周波特性にも優れているため、高周波重畳注1により、 温度変動,光出力に左右されない安定したノイズ特性を得られることが可能となっています。
 また、当社独自のMOCVD注2技術と、素子製造プロセスの開発により、 高い量産性と制御性を実現しました。 さらに、パッケージは光ディスク用半導体レーザとして汎用性の高いφ5.6mmパッケージを採用することで、ピックアップヘッド設計の自由度も確保しています。

注1:ディスクの反射光の干渉や、 温度変化により起こる光出力変化を防ぐため、直流バイアス電流に高周波を重畳させて、 安定した特性を得られるようにする方法。
注2:有機金属気相成長法。 半導体の材料を有機金属の状態で反応室へ導入し、 誘導過熱により高温にされた基板上に薄膜を生成させる方法。


開発の背景
開発品の主な特徴
お問い合わせ先


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright