東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
信頼性を2倍に向上させたPCサーバ「MAGNIA(マグニア)」などの新製品発売について

1999年9月8日

基幹業務システムやECシステムに不可欠な頑健性を強化

 当社は、企業の基幹業務システムやECシステムの中核におかれるPCサーバとして、 高信頼性、高性能など頑健性(ロバスト)を強化した「ロバストPCサーバ」を製品化します。 新製品は、(1)障害救済機能を搭載することで信頼性を約2倍に向上させたPCサーバ「ULTRASAVER MAGNIA(マグニア)7010FR」、 (2)システム性能を約2〜6倍に高速化できるRAID*1アクセラレータ「RAID BOOSTER」、 (3)共有ディスクを使わないクラスタシステムも構築できる統合クラスタリングソフトウェア「DNCWAREClusterPerfect」で、 9月10日から順次発売します。

 PCサーバ「ULTRASAVER MAGNIA(マグニア)7010FR」は、インテル社の最新CPU「Pentium(R)III XeonTM (550MHz)」を搭載するとともに、 当社独自の障害救済機能であるクイックロールバック機構*2を採用しています。 これにより、ハードウェアやソフトウェアに起因する一過性障害発生時に自動的に障害発生直前の状態に戻って再実行することによりサーバダウンの約50%(当社調査) の回避を実現でき信頼性を2倍に向上させています。 さらに、ログトレース機能*3により採取した障害情報を保守センターに電子メールで自動通知してログ解析を行うサービス「MAGNIA(マグニア) RESCUE」を1年間無償でサポートしており、 万一の障害の原因究明や予防保守が的確かつ迅速に行えます。

 RAIDアクセラレータ「RAID BOOSTER」は、 ファイル構造とは無関係にデータを連続領域に書き込むことで、 ディスクアクセスの回数とディスクのシークタイムを最小化することを可能にします。 これにより、「MAGNIA(マグニア)」のシステム性能を約2〜6倍に向上させることができます。

 統合クラスタリングソフトウェア「DNCWAREClusterPerfect」は、従来販売してきた「DNCWARE」での技術と実績の上に大幅に強化したもので、 分散レプリケーション(複製)技術の採用により、共有ディスクを使わないクラスタシステムが構築可能となります。 さらに、障害発生時に、Oracleデータベースを使用したサーバの切替時間を数十秒(通常は、数分以上)に短縮する製品も提供します。 また、最大256台のPCサーバと高速インターコネクトインターフェースで結ぶことが可能となっています。今後、ラインアップを強化し、 アプリケーションを最適なノードに割りつける負荷分散機能、 バックアップサーバへの高速データバックアップ機能などを実現する製品を順次発売する予定です。

*1:Redundant Array of Inexpensive Disks:複数のディスクを用いて、全体で信頼性または性能を高める方式。
RAID0:複数で構成したディスクにデータを分割して保存する方式。
RAID1:ディスクを二重化して同じデータを常に2個所で保存する方式。
RAID5:エラー訂正のためのパリティ情報を各ディスク上に分散させて、ディスクが故障した際にパリティ情報を基にデータを再構築する方式。
他に、RAID0と1を組み合わせたRAID10、RAID0と5を組み合わせた50などの方式が利用されている。
*2:クイックロールバック機構:ハードウェアとソフトウェアの障害を救済する機能。 待避メモリにCPUやメインメモリの状態変化を逐次セーブし、 障害発生時にこの待避メモリの内容を使用して、障害発生前の状態に戻し、 自動的に再実行する。98年1月発売の「GS700FR」で世界で初めて採用。
*3:ログトレース機能:ソフトウェアで保守性を向上させる機能。 トレース機能とログ機能MFL(Motherboard Failure Information Logging)とからなる。 トレース機能は、Windows NT(R)のシステムトレースを採取するソフトウェアで、I/Oの割り込み履歴やプロセッサ間割り込み履歴などを記録する。 MFLは障害直前のログを採取するソフトウェアで、プロセッサの故障情報レジスタなどのログを採取する。


新製品の概要
商品化の背景と狙い
新製品の主な特長
お問い合わせ先


Pentiumは米国Intel Corporationの登録商標です。
Xeonは米国Intel Corporationの商標です。
Microsoft、Windows 、Windows NTは、 米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。
OracleはOracle Corporationの登録商標です。
Tivoliは、Tivoli Syetems Inc.(米国)の商標です。
OpenViewはHewlett-Packard社の登録商標です。

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright