東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
デジタルスチルカメラ「Allegretto(アレグレット)」シリーズの新製品の発売について

1999年9月9日

214万画素CCDと光学3倍ズーム、動画機能を搭載した高速デジタルカメラ

 当社は、デジタルスチルカメラ「Allegretto(アレグレット)」シリーズの新製品として、 214万画素CCDと光学3倍ズームレンズを搭載したハイスペックモデル「Allegretto(アレグレット)M5」(形名:PDR−M5)を10月中旬から発売します。

 新製品は、銀塩カメラに迫る214万画素の高精細画質や、 シャッターチャンスを逃さないクラス最速1秒以下の撮影間隔*1、 画質の劣化なしにズーム撮影ができる光学3倍ズームレンズを備えています。 また、最大120秒*2までの動画撮影/再生機能、業界最速の約4コマ/秒の高速連写機能*3、 1画像で連続した動きを確認できる16画面マルチ連写機能を搭載し、 多彩な撮影のできる高性能デジタルカメラです。

 さらに、「USB」(ユニバーサルシリアルバス)インターフェースに対応していますので、 付属の専用ケーブルキットで簡単にパソコンに接続ができ、しかも非常に高速な画像転送が可能です*4

*1200万画素以上のクラス,フォーカスロックから次のシャッター動作までの時間 (ストロボ,プレビューともにOFFの場合。撮影条件により異なります)。
*2160X120ピクセル時
*31600X1200ピクセル時
*41600X1200ピクセル/ファインモード時の画像転送時間はUSBの場合1枚約2秒、 シリアルの場合は約1分30秒。


新製品の概要
新製品の開発の背景
新製品の主な特長
新製品の主な仕様について
お問い合わせ先


Windows(R)は、 米国Microsoft Corporationの登録商標です。
Macintosh、PowerMacintosh、 iMac、QuickTimeTMは、米国Apple Computer,Inc.の商標です。
FlashPathTMは、米国Fisher International Systems Corporationの商標です。
スマートメディアTMは株式会社東芝の商標です。
DCFは、主としてデジタルカメラの画像ファイルを、 関連機器間で簡便に利用し合うことを目的として制定された(社)日本電子工業振興協会(JEIDA)の規格「Design rule for Camera File system」の略称です。

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright