東芝トップページ お問い合わせ
戻る  発表月別  テーマ別
新製品の主な特長

MAGNIA9000

  1. 最新CPU「Pentium(R)III XeonTM(550MHz)」を最大8台まで搭載でき、 高速なデータ処理が可能です。 2次キャッシュには、1MBもしくは2MBを内蔵する2モデルを用意しています。 また、高さ7Uのラックタイプなのでスペース効率に優れ、柔軟なシステム構築が可能です。

  2. PCIホットプラグをサポートしており、可用性に優れています。

  3. 最大32GBのECCメモリをサポートしており、拡張性に優れています。

  4. Ultra2Wide対応の18GB(10,000rpm)のハードディスクを2台(合計36GB)標準搭載しており、 内蔵RAIDコントローラでOSを二重化することができます。

  5. 電源、ファン、LANカードおよびハードディスクの冗長(二重化)構成と、 ホットスワップ機能をサポートしており、高い信頼性と可用性を実現しています。

  6. サーバの状態を監視する管理機能を標準で装備しており、 サーバのOSがダウンしても障害に関するログを表示できます。

  7. HW監視情報、構成情報等をLCDパネルに表示可能で、 ユーザビリティを高めてあります。

  8. サーバコンポーネント(マザーボード、ファン、電源等)がモジュール化されており、 保守性に優れています。

MAGNIA7010

  1. 最新CPU「Pentium(R)III XeonTM(550MHz)」を最大4台まで搭載でき、 高速なデータ処理が可能です。また、2MBまでの2次キャッシュを内蔵できます。

  2. Ultra2Wideに対応した18GBのハードディスクを最大12台まで(合計216GB)搭載でき、 大容量アプリケーションサーバやデータベースサーバとして十分な拡張性を備えています。

  3. HW障害、構成情報等をLCDパネルに表示し、障害を瞬時に判断できる運用性を備えています。

  4. サーバコンポーネント(マザーボード、ファン、電源等)がモジュール化されており、 保守性に優れています。

  5. タワー型は、筐体を横置きにしてラックに収納することで、 スペース効率と操作性の向上が図れる「ラッカブル筐体」を採用しており、 設置状況に応じたフレキシブルな対応が可能です。

MAGNIA5100

  1. ミッドレンジクラスで最新CPU「Pentium(R)III XeonTM(550MHz)」を最大2台まで搭載でき、 高速なデータ処理が可能です。また、2MBまでの2次キャッシュを内蔵できます。

  2. Ultra2Wideに対応した18GBのハードディスクを最大12台まで(合計216GB)搭載でき、 大容量アプリケーションサーバやデータベースサーバとして十分な拡張性を備えています。

  3. HW障害、構成情報等をLCDパネルに表示し、障害を瞬時に判断できる運用性を備えています。

  4. サーバコンポーネント(マザーボード、ファン、電源等)がモジュール化されており、 保守性に優れています。

  5. タワー型は、筐体を横置きにしてラックに収納することで、 スペース効率と操作性の向上が図れる「ラッカブル筐体」を採用しており、 設置状況に応じたフレキシブルな対応が可能です。

MAGNIA3010

  1. 最新高速CPU「Pentium(R)III (600MHz)」を最大2台まで搭載でき、より高速なデータ処理が可能で、 十分な性能を発揮します。

  2. エントリクラスで電源、ファン、LANカードおよびハードディスクの冗長(二重化)構成と、 ハードディスクのホットスワップ機能をサポートしており、高い信頼性を実現しています。

  3. Ultra2Wideに対応した18GBのハードディスクを最大4台まで(合計72GB)搭載できるので、 中小規模のアプリケーションサーバとして十分使用できます。

MAGNIA7010、5100、3010モデル共通の特長

  1. サーバの状態を監視する当社独自の運用管理ツールを標準で装備しており、 サーバのOSがダウンしていても障害に関するログを表示できます。 また、OS稼働中にLANで接続された端末からサーバの状態を監視できるサーバ監視ソフト「HarnessEye(ハーネスアイ)」でハードディスク障害予知などができ、 十分なシステムの可用性を備えています。さらに、当社のレスキューサービスを使用することにより、 自動的に保守センターに通知され、万一の障害発生時のダウンタイムを短縮します。

  2. 遠隔地からサーバ電源をオンできる「リモート Wake On ツール」を標準装備しています。

  3. 主記憶ECCメモリのほか、本体内でのRAID(レベル0、1、5、10、50、オンライン拡張)をサポートしています。

  4. 電源、ファン、LANカードおよびハードディスクの冗長構成と、 ハードディスクのホットスワップ機能をサポートしており、 高い信頼性を実現しています。

  5. 「ネジレス設計」で簡単に筐体を開けることが可能なので、 ハードディスクや拡張カードの増設や保守時の運用性に優れています。

  6. WindowsNT(R)のインストールを容易に行えるツール「SetupInstructor(セットアップインストラクター)」を標準で装備し、 初心者でもスムーズなセットアップが可能です。

MAGNIA LiTE10

  1. 「Pentium(R)III (500MHz)」「CeleronTM(433MHz)」を搭載した新モデルを設け、 ラインナップの充実を図っています。 また、UltraWideに対応した18GBのハードディスクを最大4台まで(合計72GB)搭載可能にし、 部門レベルのファイル/プリントサーバとして十分な拡張性を持たせています。

  2. 最大1GBまでメインメモリの増設が可能で、 サブエントリークラスとしては十分な拡張性を確保しています。

  3. 主記憶ECCメモリを採用しているほか、RAIDモデルも用意しており、 このクラスとして十分な信頼性を持っています。

  4. サーバの電圧、温度、ファン、ハードディスクなどのハードウェアの状態を監視し、 万一の障害発生時にはシステム管理者に通知することができるサーバ監視ツール 「HarnessEye(ハーネスアイ) LiTE」を標準搭載しています。

  5. WindowsNT(R)のインストールを容易に行えるツール「SetupInstructor(セットアップインストラクター) LiTE」を標準で装備し、 初心者でもスムーズなセットアップが可能です。さらに、当社のレスキューサービスを使用することにより、 自動的に保守センターに通知され、万一の障害発生時のダウンタイムを短縮します。

レスキューサービス:障害情報を保守センターに自動通知して、 迅速な保守対応を実現する当社のリモート障害通知サービス

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright