東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
PCサーバ「MAGNIA(マグニア)」の新製品発売について

1999年10月5日

「Pentium(R)III XeonTM(550MHz)」を搭載した8CPUモデルなどでラインナップ拡充

 当社は、インテル社の最新CPU「Pentium(R)III XeonTM(550MHz)」 を最大8CPU搭載できるPCサーバ「MAGNIA(マグニア)9000」2モデルを新たにラインナップへ加え、 本日から販売します。
 さらに、インテル社の最新CPU「Pentium(R)III XeonTM(550MHz)」 「Pentium(R)III (600MHz)」などを採用した4機種26モデルを一新し、本日から販売します。
 また、ラインナップ強化に合わせ、従来モデルの2機種7モデルについては、 最大約17%値下げして、本日から販売します。

 新製品の最上位機種「MAGNIA(マグニア)9000」は、 インテル社の最新8-Way技術に基づくチップセット「Profusion」を採用することにより、 「Pentium(R)III XeonTM(550MHz)」を最大で8CPUまで搭載でき、システムの性能向上が図れます。 本機種はハードディスク、ファンなどの冗長(二重化)構成やホットスワップ機能をサポートし、 ホットスワップ可能な64ビット/66MHzのPCIカードを4枚、 64ビット/33MHzのPCIカードを6枚まで内蔵できるとともに、 最大32GBまでメインメモリを搭載でき、基幹業務システムに対応できる性能と信頼性、 拡張性を備えています。 また、本製品は高さ7Uのラックタイプなので、スペース効率にも優れ、 柔軟なシステム構築が可能です。

 ハイエンドクラスの機種「MAGNIA(マグニア)7010」には、 「Pentium(R)III XeonTM(550MHz)」を搭載しました。本モデルはCPUを最大4台まで搭載でき、 「Pentium(R)III XeonTM(500MHz)」プロセッサを搭載した従来モデルと比較して、 処理能力が最大で約7%向上しています。
 ミッドレンジクラスの機種「MAGNIA(マグニア)5100」には、 「Pentium(R)III XeonTM(550MHz)」を搭載したモデルを設けました。 本モデルはCPUを最大2台まで搭載できます。 「Pentium(R)III XeonTM(500MHz)」搭載の従来モデルと比較して、 処理能力は最大で約7%向上していながら、価格は最大で約17%低下しており、 価格性能比が向上しています。
 エントリークラスの機種「MAGNIA(マグニア)3010」には、 「Pentium(R)III (600MHz)」を搭載したモデルを設けました。 本モデルはCPUを最大2台まで搭載できます。従来モデルについては約15%値下げしています。
 サブエントリークラスの機種「MAGNIA(マグニア) LiTE10」には、 「CeleronTM(433MHz)」および「Pentium(R)III (500MHz)」を搭載したモデルを設けました。

1Uは約4.45cm。


商品化の背景と狙い
新製品の概要
新製品の主な特長
お問い合わせ先


Pentiumは米国Intel Corporationの登録商標です。
Xeonは米国Intel Corporationの商標です。
Microsoft、Windows 、Windows NTは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright