東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
「TELECOM(テレコム)99」への出展について

1999年10月7日

 当社は、10月9日から17日までスイスのジュネーブで開かれる通信分野における世界最大の展示会である「TELECOM99」に出展します。
 その中で当社は、インターネットによる通信サービスを用いた「Dynamic VPN(Virtual Private Network)」を提唱します。

 近年、インターネットの爆発的な普及が原動力となり、 公衆通信網としてIPネットワークが急成長を遂げ、 安価な通信が現実化してきています。 また、IPネットワークでの安全性確保の手段として、 オープンなネットワークをプライベートな専用ネットワークのように利用する方法のVPNが発展しています。 当社が提唱する「Dynamic VPN」とは、さまざまなネットワークの垣根を越えて、 安全性、ネットワークの管理、モビリティを実現するIPネットワークのコンセプトです。

 当社は、今後も一層の利用拡大が見込まれるデータ通信に適したインターネット・プロトコル(IP)ネットワークをベースとしたシステムを利用することにより、 安価で信頼性の高い通信スタイルを実現する近未来通信インフラとそのサービス形態を提案します。

 なお、「TELECOM99」の中で10月11日に行われるフォーラムにおいて、 当社社長の西室泰三が、「インフラストラクチャー オープニング サミット」のパネリストとして参加します。

主な出展品の概要

  1. インフラシステム
    VPNを支えるグローバル規模での通信インフラのキー製品・技術を出展します。
    (1)海底光幹線システム
    10ギガバイトの大容量通信に対応しており、また、 通信障害が発生した場合には最適な回避ルートで通信できる転送技術を搭載しています。
    (2)MPLS(Multi Protocol Lavel Switching)
    MPLSは「Dynamic VPN」を実現するキーテクノロジーのひとつ。 「ラベル」という識別方法で、ネットワーク上を流れるパケットの経路を識別するため、 高速パケット転送を実現します。

  2. アクセスシステム
    通信の基幹ラインとエンドユーザを結ぶキー製品と技術を展示します。
    (1)広帯域無線アクセスシステム
    ミリメーターウエーブを利用した広帯域無線アクセスシステムは、 バックボーンネットワークに高速アクセスを提供します。ローコストでセットアップが容易で、 PTP(point-to-point)とPTMP(point-to-multipoint)の両システムに対応しており、 幅広いニーズにお応えします。
    (2)ケーブルモデム
    家庭からのインターネットアクセスをより高速化する手段として、 CATV網の利用が注目されています。東芝のケーブルモデム「PCX1000」は、PCターミナルに接続し、 インターネット、e-mail、ECなど、CATV網経由で高速で安全なデータコミュニケーションサービスを提供します。
    (3)スカイブリッジターミナル
    スカイブリッジは、高速インターネットやテレビ会議などのサービスを可能にする、 衛星による広帯域アクセスシステムです。 地上系の広帯域技術との互換性も実現しており、高度な双方向性サービスを実現するユーザ端末を紹介します。

  3. モバイル・マルチメディア機器
    エンドユーザが利用するモバイル通信機器のキー製品と技術を展示します。
    (1)W-CDMA、MPEG-4
    次世代モバイルマルチメディア通信の新規格W-CDMAと、 動画の符号化国際標準規格MPEG-4について展示します。
    (2)MPEG-4MobileMotion(モバイル・モーション)
    世界で初めてMPEG-4を採用し、 ネットワークを活用して動画や音声を送受信する映像配信システム構築用ソフトウエア群「MobileMotion」を展示します。
    (3)モバイル・デジタル衛星放送システム
    Sバンドを使用することで、自動車を中心とした移動体を対象に、 高音質の音楽、画像、データを組み合わせたマルチメディア放送を提供します。
    国内では、「モバイル放送株式会社」により2001年から放送予定のサービスで、 全国どこでも高速で移動しながら受信できる全く新しい放送サービスです。
    (4)半導体
    次世代のモバイルコミュニケーションを支えるキーコンポーネンツを展示します。
    (5)携帯電話、PHS
    多彩なコミュニケーションを可能にする最新の携帯電話やコミュニケーションツールを展示します。 あわせて携帯電話に使われる主要技術も紹介します。
    (6)モバイルIPテクノロジー
    家庭外から、IPネットワークを利用して家庭内のネットワーク(ホームネットワーク)に接続する技術です。 家庭外から家庭内のホームネットワークで結ばれた家電機器などを遠隔操作できるとともに、 家庭内から映像情報を呼び出して家庭外でリアルタイムで見ることができます。


プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright