東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
インテル社最新CPUを搭載した「DynaBook Satellite 4240」の発売について

1999年10月26日

「SmartMediaTM」専用アダプタカードを標準添付した
「DynaBook 2650」なども発売

 当社は、インテル社が開発した最新・最高速のCPU 「モバイルIntel(R)Pentium(R)IIIプロセッサ(500MHz)」 を搭載した企業向けA4オールインワンノートPC「DynaBook Satellite 4240」と、 「SmartMediaTM」専用アダプタカードを標準添付した家庭向け「DynaBook 2650」、 ハードディスク強化とソフトウェア充実を図ったモバイルエンターテイメント・ミニノートPC 「Libretto ff 1100V」やB5薄型ノートPC「DynaBook SS 3330V」、 A4薄型ノートPC「DynaBook SS 7020X2」、 企業向けデスクトップPC「EQUIUM」シリーズを商品化し、本日より順次発売します。

 新製品の企業向け「DynaBook Satellite 4240」は、 インターネットやイントラネットを利用する上で欠くことのできない、 セキュリティや運用管理に最適なTCO削減ツール 「Intel(R) LANDesk(R) Client Manager Ver3.3」や ファイル暗号化ユーティリティ「ARCACLAVIS CIPHER Peronal 」 などの各種アプリケーションソフトを搭載しています。 また、最新のCPU搭載に加え、大画面14.1型TFT液晶や12GBハードディスク、 最大320MB(PC100対応/SDRAM)まで搭載可能なメモリなど、 「DynaBook Satellite」シリーズの最上位機種として、 最新の技術で企業内の業務効率化をサポートします。

 家庭向け「DynaBook 2650」は、業界で初めて大容量データの利用が可能な 「SmartMediaTM」の専用アダプタカードを標準で添付しており、 画像・映像データやMP3などの音楽データを手軽に扱うことができます。 また、新デザインの筐体を採用し、スクロールボタン付きポインティングデバイスや、 電源OFFの状態からインターネットブラウザを起動したりCD再生が可能なワンタッチボタンを取り入れるなど、 使い勝手を向上しています。 さらに、すぐに使えるアプリケーションソフトを多数プレインストールしているほか、 大画面14.1型TFT液晶とDVD-ROMドライブでMPEG2対応のビデオ映像を鮮明な画像で楽しむことができるとともに、 新設計の音響空間を設けたスピーカーの内蔵により、 低音域まで再現するサウンドを楽しむことができます。
DVD-ROM搭載は、 「DynaBook 2650 C46/4DAモデル」です。

 モバイルエンタテイメント・ミニノートPC「Libretto ff 1100V」は、 ハードディスクを6.4GBに強化するとともに、画像関連のアプリケーションソフトをより充実させています。 また、同梱の予備バッテリの利用により、 本体装着ずみの標準バッテリと差し替えで最大約6時間のバッテリ駆動時間を実現しています。 さらに、標準搭載のC-MOSカメラで撮影した動画から見たいシーンを簡単サーチできる 「Mediapresso」や、映し出している映像から必要な部分だけを切り出して好きな背景と合成して撮影できる 「ObjectPicker」などで、オリジナルな映像を創ったり、加工したりすることができます。

 B5薄型ノートPC「DynaBook SS 3330V」とA4薄型ノートPC「DynaBook SS 7020X2」は、 ともに薄型8.45mmの大容量6.4GBハードディスクを搭載し、 日・米・カナダの3カ国対応の56Kbpsモデムを内蔵するなど、 高性能と携帯性を追求したモバイルマシンです。

 企業向けデスクトップPC「EQUIUM」シリーズは、 CPUに「Intel(R)Pentium(R)IIIプロセッサ(600MHz)」 を搭載したミニタワー「EQUIUM 9000」をはじめ、 スタンダードデスクトップ「EQUIUM 5500」や省スペース性を追求したコンパクトデスクトップ 「EQUIUM 5000」の3タイプ114モデルを商品化します。 このシリーズはハードディスクを強化しており、メインメモリやハードディスクの増設、 プレインストールOSの選択など、 基本構成をユーザからの注文仕様に合わせてご提供する「カスタムメイド」サービスにより、 オフィス環境や規模に合った最適なシステム構築が可能となります。

 なお、新製品*1には、 焼却時にダイオキシン類を発生させない環境調和型多層プリント基盤*2を採用しています。 また、省電力を実現し発熱を抑えるために、電力管理としてACPIを採用し、 独自の省電力設定ユーティリティを搭載することにより、 細部にわたる省電力設定を可能にしています。 さらには、発砲材不要な梱包箱や再生紙を利用したマニュアル、 「国際エネルギースタープログラム」基準適合など、 さまざまな面から環境にやさしいパソコンの実現を図っています。
*1「Libretto ff 1100V」「EQUIUM」シリーズは、除く。
*2環境調和型ガラスエポキシ多層基板の材料開発で先行している東芝ケミカル(株)製の材料を採用。


新製品の概要
新製品の主な特徴
企業向けデスクトップパソコン「EQUIUMシリーズ」
EQUIUMシリーズ共通の特長
お問い合わせ先

なお、新製品情報は当社のPCホームページ
「PC STARS」(http://www2.toshiba.co.jp/pc/)でも提供します。


  • 本資料掲載の商品はそれぞれ各社が商標として使用している場合があります。
  • IntelliSyncは、Puma Technologyの登録商標です。
  • Intel Insideのロゴ、MMX、Pentium、PentiumII、 Celeron及びLAN Deskは、Intel Corporationの登録商標または商標です。
  • Microsoft、Windows、Windowsロゴ、WindowsNT(R)、Outlook、FrontPage Express,Encartaは、 米国Microsoft Corporationの米国及び他の国における登録商標です。
  • AMD、AMDロゴ、K6、3DNow!ならびにその組み合わせは、 Advanced Micro Devices,Inc,の商標であり、AMD-K6は同社の登録商標です。
  • Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
  • PS/2、XGA、Wake on LANは、米国IBM Corp.の登録商標です。
  • CardWizardは米国System Soft Corporationの商標です。
  • PostPet,ポストペット、PostPetロゴは、ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社の商標です。
  • DVD Expressは、National Semiconductorの商標です。
  • SoundBlasterは、米国のCreative Technology社の商標です。
  • XG Studioはヤマハ株式会社の商標です。
  • Bookshelf Basicは、株式会社小学館発行の以下の書籍をもとに製作されました。
     国語大辞典(新装版)(C)小学館1988/プログレッシブ英和中辞典(第2版)(C)小学館1987
     プログレッシブ和英中辞典(第2版)(C)小学館1993
  • Wake on LANはIBM Corp.の商標または登録商標です。
  • RAGEは、ATI Technologies INC.の商標です。
  • SmartMedia(TM)は、(株)東芝の商標です。
  • Intellysyncは、Puma Technologyの登録商標です。
  • Adobe,Adobe Acrobat Readerは、Adobe System Incorporated(アドビシステム社)の商標です。
  • 駅すぱあとは、(株)ヴァル研究所の商標です。
  • ハードディスクの容量は1GBを10億バイトで算出しています。

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright