東芝トップページ お問い合わせ
新着情報  発表月別  テーマ別
PCサーバ「MAGNIA(マグニア)」の新製品発売について

1999年11月25日

「Pentium(R)III(700MHz)」を搭載した2−Wayエントリモデルなど

 当社は、エントリクラスのPCサーバラインナップ拡充として、 小規模システム向けには、インテル社最新の高速CPU「Pentium(R)III(700MHz)」を最大2つ搭載できる(2−Way)新機種「MAGNIA(マグニア)LiTE20」6モデルを加えるとともに、 中小規模システムで信頼性を特に必要とする用途向けには、高い冗長(2重化)性を維持しつつ、 内蔵できるハードディスク搭載数を増やすなど拡張性を強化し、 タワー型とラック型双方の設置が可能な筐体を採用した新機種「MAGNIA(マグニア)3020」16モデルを加え、本日から販売活動を開始します。
 また、小規模システム向けの「MAGNIA(マグニア)LiTE10」には、 「Pentium(R)III(600MHz)」を搭載し、ディスク容量を強化した16モデルを加え、 併せて本日から販売活動を開始します。

 新製品の「MAGNIA(マグニア)LiTE20」は、ハードディスクは最大で72GB、 メインメモリは最大で1GB搭載可能で、小規模システム向けとしてはトップクラスの性能と拡張性を備えるとともに、 RAID機能やサーバ監視ツールを備え信頼性を確保しています。
 「MAGNIA(マグニア)3020」は、CPUを2つ搭載でき、 電源、ファン、LANカード、ハードディスクが冗長可能で高い信頼性を備え、 ハードディスクと電源はホットスワップ(稼動中の交換)に対応しています。 また、ハードディスクは6台まで搭載でき、拡張性にも優れています。 さらに、筐体はタワー型を簡単にラック型に変換できるので、 スペースなどに応じた柔軟な設置形態を選べます。


商品化の背景と狙い
新製品の概要
新製品の主な特長
お問い合わせ先


Pentiumは米国Intel Corporationの登録商標です。
Xeonは米国Intel Corporationの商標です。
Microsoft、Windows 、Windows NTは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。最新のお問い合わせ先は、東芝全体のお問い合わせ一覧をご覧下さい。

▲プレスリリースのトップへ

東芝トップページ 個人情報保護方針 Copyright